ソニー、小型軽量ながら高倍率・高画質を実現したAPS-Cズームレンズ『E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』を発売

JCN株式会社

2018年01月12日 15:00

TOKYO, Jan 12, 2018 - (JCN Newswire) - ソニーは、APS-C対応のα(TM) Eマウントレンズとして、小型軽量(最大径67.2mm×長さ88mm、質量約325g)で広角18mmから望遠135mmまで(35mm判換算で27-202.5mm相当)をカバーする高倍率ズームレンズ『E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』を発売します。

ズーム全域での高い描写性能と、高速・高精度かつ静粛なAF(オートフォーカス)性能に高い機動力も併せ持ち、風景、ポートレート、ネイチャーなどの幅広い被写体の静止画および動画撮影にお使いいただけ、日常から旅先まで多様な撮影シーンでオールラウンドに活躍するレンズです。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201801/18-0112/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。


Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

Powered by JCN Newswire