三菱自、新型『エクリプス クロス』が2018年「Latin NCAP」の成人乗員保護評価において最高評価を獲得

JCN株式会社

2018年06月22日 16:00

TOKYO, Jun 22, 2018 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』が、南米地域の新車を対象に安全性能を総合評価する「Latin NCAP (New Car Assessment Program for Latin America and the Caribbean)」の成人乗員保護評価において、最高評価を獲得したことを発表しました。

『エクリプス クロス』は、衝突安全強化ボディ「RISE」に加え、7つのSRSエアバッグの採用により、欧州の「ユーロNCAP」をはじめ、豪州・ニュージーランドの「ANCAP」、ASEAN地域の「ASEAN NCAP」でも最高評価を獲得しています。

『エクリプス クロス』は、スタイリッシュなクーペSUVにダイナミックなSUVの機動力を融合させた三菱自動車らしいクーペSUVです。行動意欲を掻き立てる個性的なデザイン、新たな楽しみへの閃きをもたらすコネクティビティ、四輪制御技術による安心して楽しめるドライブフィールを特長としています。また、現在までに欧州、豪州・ニュージーランド、アセアン地域、北米、日本など約60ヶ国で販売しており、今後約100ヶ国へ展開される計画です。

『エクリプス クロス』車種サイトはこちら: https://www.eclipse-cross.jp/

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5216.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

Powered by JCN Newswire