三菱電機、「人と協調するAI」を開発

JCN株式会社

2020年06月03日 15:00

TOKYO, Jun 3, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、当社AI技術「Maisart(R)(マイサート)※1」の1つである逆強化学習※2を活用し、人の操作を少ないデータで効率的に模倣学習し、人が操作しているかのような自然な動作を機械が実現することで、人との協調が容易となる「人と協調するAI」を開発しました。

今後、人と機械が混在する生産・物流現場でのAGV※3やロボットなどに本技術を適用して実証と実運用開発を進め、作業効率の向上に貢献するとともに、自動運転車などへ展開を目指します。

開発の特長

1. 模倣学習による機械の自然な動作で、人と機械が混在する環境での作業効率向上
-「道を譲る」などの人が行った協調動作の操作データを収集し、シミュレーター上で逆強化学習により模倣学習することで、人が操作しているかのような自然な動作を実現
- 周囲作業者の作業の妨げにならないように機械が動くことで、人と機械が混在する環境での作業効率が従来と比べて30%向上※4

2.「Maisart」の逆強化学習により、少ないデータで効率的に学習
- 当社AI技術「Maisart」の1つである逆強化学習を用いて、AGV周辺の画像と人による運転操作データに基づいた模倣学習を実現
- 従来の「教師あり学習※5」と比較して10分の1以下※6の運転操作データで学習が可能

今後の展開

今後、作業の効率化あるいは作業者間に一定の距離確保が求められる場合など、AGVの利用増加が想定される生産現場や物流現場をはじめ、人と機械が混在する作業環境での実運用や自動運転への適用に向けて、開発に取り組んでまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2020/0603.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

Powered by JCN Newswire