富士通、キヤノン様の新スーパーコンピュータシステムを受注

JCN株式会社

2020年09月23日 12:00

TOKYO, Sep 23, 2020 - (JCN Newswire) - 当社は、キヤノン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役会長兼社長 CEO:御手洗冨士夫、以下、キヤノン)様の新スーパーコンピュータシステムを受注しました。

本システムは、国立研究開発法人 理化学研究所(以下 理化学研究所、注1)様と当社が共同開発したスーパーコンピュータ「富岳」の技術を活用した「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000(プライムエイチピーシーエフエックスセン、以下 PRIMEHPC FX1000、注2)」で構成され、理論演算性能は648.8テラフロップス(以下 TFLOPS、注3)を実現予定です。

これにより、キヤノン様の製品開発プロセスにおける解析領域のさらなる高度化および多様化を実現し、製品開発における「試作レス」の取り組み(注4)に貢献します。

本システムは2021年前半から稼働予定です。

背景
キヤノン様は、複写機をはじめとする各種プリンター、カメラ、半導体露光装置などの製品開発において、3DCADデータを用いた解析シミュレーションによって製品の機能性や生産性など多面的な検証を行う「試作レス」の取り組みを推進されており、これまで当社のスーパーコンピュータ「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX10(エフエックステン、以下 PRIMEHPC FX10)」および「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX100(エフエックスヒャク、以下PRIMEHPC FX100)」を活用されてきました。

このたび、さらに大規模かつ高度な解析を行うため、高性能、高信頼、省電力を兼ね備えた当社の「PRIMEHPC FX1000」が採用されました。

新システムの概要
今回当社が構築するスーパーコンピュータシステムは、192ノードの「PRIMEHPC FX1000」で構成され、理論演算性能は648.8TFLOPSを有する見込みです。また、「FUJITSU Server PRIMERGY」や「FUJITSU Storage ETERNUS」を周辺機器として導入します。これにより、キヤノン様の製品開発における製品の落下時における破損・変形などを検証する衝突解析試験において、これまで処理することが困難であった1億要素(注5)以上の大規模な解析やシミュレーションなどが可能になります。また、従来はスーパーコンピュータを採用していなかった気流解析や電磁波解析などでも活用が可能となり、キヤノン様が取り組む「試作レス」による製品開発を強力に支援します。

当社は、「PRIMEHPC FX1000」をはじめとするテクニカルコンピューティング・ソリューションの提供を通じ、お客様の製品開発期間の短縮やコスト削減、製品の性能・品質・機能の向上に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/09/23.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

Powered by JCN Newswire