富士通、法人向けパソコン ワークステーション8シリーズ14機種を新発売

JCN株式会社

2020年10月20日 12:00

TOKYO, Oct 20, 2020 - (JCN Newswire) - 富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:時田 隆仁)は、富士通クライアントコンピューティング株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:齋藤 邦彰)製の最新版OS「Windows 10 Pro May 2020 Update」、および最新のインテル第10世代CPUを搭載したデスクトップパソコン「FUJITSU Desktop ESPRIMO(エスプリモ、以下、ESPRIMO)」4シリーズ7機種と、ワークステーション「FUJITSU Workstation CELSIUS(セルシアス、以下、CELSIUS)」2シリーズ3機種、ノートパソコン「FUJITSU Notebook LIFEBOOK(ライフブック、以下、LIFEBOOK)」2シリーズ4機種を10月20日から日本国内の法人向けに販売を開始します。

新製品の主な特長

1. テレワークに最適なウルトラスモールモデルデスクトップパソコン「ESPRIMO G5010/E」

「ESPRIMO G5010/E」は、筐体サイズが約0.87リットル、重さ約800gとESPRIMOシリーズとして最も小型で軽量、省スペースを実現し、さらなる使いやすさを追求しました。

近年、テレワークが加速する中、モバイルパソコンやタブレットでの作業が増えてきていますが、小さなディスプレイでの作業は、眼の疲れや無理な姿勢による身体的疲労につながると言われており、快適な作業環境の整備が求められています。本製品は、例えば在宅でのテレワークなど作業スペースの確保が難しい場合でも、場所を取らずに設置でき、大きなディスプレイに接続して作業することも可能なため、作業効率の向上を支援します。

また、カスタムメイドでVESAキット(注1)を追加することで、ディスプレイの背面に本体を設置できるため、さらに作業スペースの有効活用が可能です。

2. 狭額縁の大画面とWebカメラ搭載でオフィスやテレワークでも使いやすい一体型デスクトップパソコン「ESPRIMO K5010/E」

狭額縁を採用したスタイリッシュな一体型デスクトップパソコン「ESPRIMO K5010/E」は、Webカメラ搭載(注2)でリモート会議にも最適です。Webカメラは狭額縁化に伴い、従来の額縁埋め込み式からスライド収納式へ変更しています。未使用時は物理的にカメラを塞ぎ、万一の不正ハッキングや不正アクセスによる意図しない操作を防止するとともに、利用者の心理負担を軽減します。

またディスプレイの高さ調節付きスタンドを採用したモデル(注3)は、利用者の目線に合わせて昇降させることで身体的疲労軽減につなげることができます。

3. ユーザビリティの向上と、さらなる筐体の小型化を実現した「ESPRIMO Dシリーズ/CELSIUS Jシリーズ」

「ESPRIMO Dシリーズ」および「CELSIUS Jシリーズ」は、筐体サイズを従来の約10リットルから約8.3リットルへ小型化し、さらなる作業スペースの確保が可能となりました。また、ブックシェルフ型のパソコンスタンド(注4)を追加することで、本体の横に本や書類を並べることができ、スペースの有効活用が可能です。さらに、パソコン背面にケーブルカバー(注5)を取り付けることで、煩雑なケーブル配線を隠し、本体背面をすっきり見せることができます。

そのほか、「ESPRIMO D9010/E」、「CELSIUS J/Wシリーズ」において、ファームウェアへの標的型攻撃からPCを保護するSecured-core PC対応モデル(注6)を提供開始します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/10/20.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

Powered by JCN Newswire