お取引枚数に応じて現金をプレゼント!!~株価指数先物 取引スタート応援キャンペーンについて~

日産証券株式会社

日産証券株式会社

2017年06月16日 15:00

日産証券は、昨年11月よりサービスを開始した株価指数先物・オプション取引におきまして、期間中に初めて対象銘柄をお取引されたお客様へ、取引枚数に応じて現金をプレゼントさせていただくキャンペーンを開始いたしました。

2017年6月16日(金)
報道関係者各位
会社名:日産証券株式会社
代表者名:代表取締役社長 二家 英彰


お取引枚数に応じて現金をプレゼント!!
~株価指数先物 取引スタート応援キャンペーンについて~


日産証券は、昨年11月よりサービスを開始した株価指数先物・オプション取引におきまして、弊社サービスをより多くの方にご利用していただきたく、期間中に初めて対象銘柄をお取引されたお客様へ、取引枚数に応じて現金をプレゼントさせていただくキャンペーンを開始いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

【キャンペーン概要】
■対象期間
2017年6月16日(金)~2017年7月31日(月)日中立会終了まで
■対象
株価指数先物・オプション取引口座を新規に開設、または既にお持ちのお客様で、期間中に対象銘柄を初めてお取引いただいたお客様
■内容
期間中、取引開始から翌月末までの新規のお取引枚数に応じて現金をプレゼントいたします。
■対象銘柄
日経225先物、日経225mini、TOPIX先物、ミニTOPIX先物、JPX日経インデックス400先物

【プレゼント金額】
新規約定枚数:プレゼント金額

1枚~9枚:1,000円
10枚~99枚:3,000円
100枚~499枚:10,000円
500枚~999枚:50,000円
1,000枚~4,999枚:100,000円
5,000枚~9,999枚:250,000円
10,000枚~29,999枚:500,000円
30,000枚以上:3,000,000円

※日経225mini、ミニTOPIX先物、JPX日経インデックス400先物は、1枚を0.1枚としてカウントいたします。
※オプション取引は対象となりませんのでご注意ください。

キャンペーン詳細 http://www.nissan-sec.co.jp/campaign/campaign1706-fop.html

日産証券の株価指数先物取引の特徴】
1. 売買委託手数料23円+(消費税)~
例えば、アクティブコースでお取引した場合、日経225mini、ミニTOPIX、JPX日経インデックス400先物:片道1枚あたり23円+消費税、日経225先物、TOPIX先物:片道1枚あたり200円+消費税となります。         
※取引コースによって手数料は異なります。

2.使い分けが出来る便利な取引ツール
25種類の豊富なテクニカル指標や多彩な発注機能が搭載された高機能取引ツール(名称:アクセス クロスリッチ)、分かりやすく直感的な操作が出来るブラウザ対応のツール(名称:アクセス クロスウェブ)、1タップで発注可能な抜群のスピード感と外出先でも利用できるツール(名称:アクセス クロススマホアプリ)の3種類のツールでお取引いただけます。

株価指数先物・オプション取引のサービス詳細 http://www.nissan-sec.co.jp/fop/
アクセス クロスリッチ特設ページ  http://www.nissan-sec.co.jp/web/accessx/

日産証券は、今後ともお客様サービスの向上に努め、ご満足いただける投資環境のご提供を目指してまいります。


【本件に関するお問い合わせ先】
日産証券株式会社(http://www.nissan-sec.co.jp/
カスタマーサポート部 03-5623-5045(受付時間 平日8:00~17:00
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 131 号
商品先物取引業者 経済産業省 20161108 商第 10 号 農林水産省指令28総合第 3988 号
加入協会 日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所 東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所

【留意事項】
取引にかかるリスク
株価指数先物・株価指数オプション取引は、対象とする株価指数の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、株価指数先物取引は、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る額の取引を行うことができるため、差入れた証拠金額以上の損失が発生する可能性があります。株価指数オプション取引は、オプションを行使できる期間に制限があり、また、オプションの市場価格は現実の株価指数の変動等に連動するとは限りません。価格の変動率は、現実の株価指数の変動率に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。

(株価指数オプション取引における買方特有のリスク)
株価指数オプション取引には期限があり、買方は、権利行使または転売を行わない場合、権利が消滅し、投資資金の全額を失うことになります。

(株価指数オプション取引における売方特有のリスク)
売方は、市場価格が予想と反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、株価指数オプション取引が成立したときは、証拠金を差入れまたは預託しなければなりません。その後、相場の変動により証拠金の額に不足額が発生した場合、証拠金の追加差入れまたは追加預託が必要となります。売方は、権利行使の割当てを受けた場合、必ずこれに応じる義務があり、権利行使価格と最終清算数値(SQ値)の差額を支払う必要があります。

ロスカットに係るリスクについて
ロスカット機能は、お客様の損失を限定するものではありません。相場の急変時や流動性が低い等の理由により、ロスカットの決済注文の全部または一部が約定しない場合等、損失を一定の範囲に抑えることができない、または受入証拠金を上回る損失が発生するおそれがあります。ロスカットの判定は、立会中の一定間隔ごとに行われるため、損失を一定の範囲に抑えることができない、または受入証拠金を上回る損失が発生するおそれがあります。

取引にかかる手数料等
通常コース
●日経225先物、TOPIX先物:片道1枚あたり230円+消費税
●その他株価指数先物銘柄:片道1枚あたり33円+消費税
●株価指数オプション銘柄:約定代金の0.15%+消費税(最低手数料150円+消費税)

アクティブコース
●日経225先物、TOPIX先物:片道1枚あたり200円+消費税
●その他株価指数先物銘柄:片道1枚あたり23円+消費税

委託証拠金について
株価指数先物・株価指数オプション取引を行うには、委託証拠金の差入れが必要です。必要委託証拠金はSPAN(シカゴマーカンタイル取引所が開発した証拠金計算方法)によって計算され、「(SPAN(R)証拠金額×当社が定める証拠金掛目)-ネット・オプション価値総額」となります。取引額の必要委託証拠金に対する比率SPAN(R)を基に取引全体の建玉から生じるリスクを考慮して算出するため、記載できません。