【矢野経済研究所マーケットレポート】「2017年版住宅設備機器市場の展望と戦略」を発刊いたしました

株式会社矢野経済研究所

株式会社矢野経済研究所

2017年10月11日 09:30

株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区)では、下記の要領にて「2017年版住宅設備機器市場の展望と戦略」を発刊いたしました。

市場の変化に伴って大きな動きがみられる住宅設備機器市場について、本調査レポートでは、水まわり設備からスマートハウス関連機器まで多岐に渡る各機器の市場動向、メーカー各社の事業戦略を徹底的に解明し、市場の行方を展望しました。

発刊日: 2017/9/26
体裁: A4 / 652頁
書籍: 定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円)

■本資料のポイント
・住宅用設備機器として、キッチン、食器洗い乾燥機、システムバス、単体浴槽、温水洗浄便座、住宅用便器、衛生陶器便器、洗面化粧台、ガス給湯器、エコキュート、石油給湯器、ガスコンロ、IHクッキングヒーター、コンロ、床暖房、住宅用太陽光発電システム、住宅用照明、太陽熱温水器、浴室暖房乾燥機、換気扇、防犯・防災関連機器、浄化槽、ホームエレベーター、門扉・フェンス、カーポート、バルコニー・テラス、鋼製物置、宅配ボックス、スマートハウス関連設備を対象とした。
・膨大な潜在ニーズが見込まれるリフォーム需要および海外需要
・メーカー各社の事業戦略を徹底的に解明


⇒詳細内容・お申し込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/C59113700

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/