Leadtek 家庭から職場までの健康をトータルに管理するamor Health シリーズを日本で発表

Leadtek Research Inc.

Leadtek Research Inc.

2017年10月13日 18:00

Leadtekは、10月13日(金)東京においてヘルスケア製品amorシリーズの製品発表会を開催しました。

台湾の医療ブランドLeadtek(本社:台湾/会長兼CEO Kun.Sun.Lu)は、10月13日(金)、東京において、ヘルスケア製品amorシリーズの製品発表会を開催しました。発表会では、amor Healthシリーズの最新製品「amor H2 ヘルスリストバンド」を世界に先駆けて発表しました。

心拍&活動量モニター「amor H1」は、これまでに台湾エクセレンス賞および多くの国際的な賞を受賞しています。その成功を基盤とした新製品「amor H2 ヘルスリストバンド」は、Leadtekの品質および革新性を備えた製品となっています。「amor H2 ヘルスリストバンド」は、日常生活の中で、「疲労指数」および「血液循環指数」の健康指標を、AI(人工知能)アルゴリズムを用いて24時間リアルタイムで計測する個人向け健康モニタリングデバイスです。これは、自律神経、不眠症および心臓血管の障害に悩む人々に24時間パーソナルケアユニットとして役立てることができ、独自の疲労分析機能により、ユーザーは自身の体調を深く理解することが可能となります。アルゴリズムは、異なる年齢層ごとに疲労レベルを計算し、過労を避けるために適切な休息をとるようにユーザーへ注意を促します。

amor Health シリーズのひとつである「amor Health Keeper」は、iOS および Android 用アプリです。 AIアルゴリズムを備えた個人向けの健康情報管理用の「amor Health Keeper クラウド」への接続に使用します。「amor H2 ヘルスリストバンド」の情報をクラウド上で管理することができ、「amor Health Keeper」は、毎日の健康管理を行う中高年者を助ける個人向けの健康コンサルタントです。

日本の総務省によると、本年1月の日本の総人口は125,583,658人で、昨年より30万人下回りました。3年連続で65歳以上の高齢者数は、15歳未満の2倍以上となり、低出生率および高齢化社会が拡大し続けています。現在、後期高齢者グループは約1500万人ですが、2025年には約2200万人に増加すると言われています。その時には、4人に1人が75歳以上の後期高齢者グループとなり、超高齢化社会となります。貧富の差に関わらず、人は誰もが老化と終焉を迎えますが、その過程で様々な病気に直面します。超高齢化社会において高齢者の生活の質を確保することは、現在、日本政府にとって喫緊の課題です。すべての高齢者が身近な環境で快適な生活を続けることができるように、日本政府は、一般的な地域介護および在宅医療を積極的に推進しています。当社では、日本の高齢者社会に適応した様々な健康測定製品を開発することにより、この日本の政策に対応しました。「amor H2ヘルスリストバンド」で高齢者は自宅に居ながら自分のバイタルサインをいつでも測定でき、日々の健康管理を行うことができます。

amor Health シリーズ「amor ヘルス KIOSK」は、amor健康製品の発表カンファレンスでも披露され、既に台湾の多くの大企業および地域の医療センターで採用されている製品です。「amorヘルスKIOSK」は、血圧、血糖値、血中脂肪、体重およびその他の基本的な検査とともに自律神経検査、心不全の傾向情報を提供します。データは、AIアルゴリズムにより個別的追跡および管理のために「amor ヘルスクラウド」へアップロードされます。「amorヘルスKIOSK」は、個人、家族、コミュニティまたは企業グループに対してリアルタイムな健康管理を提供することができます。企業の健康的な職場環境づくりを支援することとは別に、テレケアを実施し、高齢者が容易に自分の健康管理をすることに役立ちます。

当社は、過去30年にわたる、グラフィックスカード、仮想デスクトップ、リモートワークステーション、GPS、セキュリティ監視システム、ビデオ会議システムなどの製品の研究、開発、生産および製造を通じて豊富な経験を蓄積してきました。そして、製品およびサービスの差別化をはかりながら、すべての人類に貢献するために、2000年にはWegene Technology Inc.を設立し医療およびヘルスケア分野への注力を開始しました。Leadtekの心拍変動分析は、2004年に台湾で、そして2008年に中国で認定され、現在台湾と中国の約200の病院および診療所において当社の医療製品が採用されています。

また、先日、Leadtekは、日本の医療法人社団鉄祐会グループの一員である株式会社インテグリティ・ヘルスケアと包括的な遠隔心臓治療ソリューションを統合した戦略的提携を結びました。インテグリティ・ヘルスケアは、主に在宅医療、訪問看護、ヘルスケア技術ソリューションの事業を提供しています。当社とインテグリティ・ヘルスケアの戦力的提携により、当社が販売するウェアラブル心臓デバイスおよびクラウドソリューションは、インテグリティ・ヘルスケアの遠隔医療および医療情報のプラットフォームと統合され、トータル遠隔心臓治療ソリューションが構築されます。それにはO2O(Online to Offline)サービスも含まれており、創設者である武藤真祐 先生(医療法人社団鉄祐会 理事長、インテグリティ・ヘルスケア 代表取締役会長)により検証される予定です。台湾と日本のパートナーシップによって、双方の優れた技術と市場の経験を活かして、革新的なケアモデルを中国やシンガポール市場へ拡大させていく予定です。

●本件に関する問い合わせ先
リードテックジャパン株式会社
TEL 03-5333-2722

●本プレスリリース発信に関する問い合わせ先
株式会社ピーアンドピービューロゥ 担当:山下
E-Mail pp-yama@x.age.ne.jp
TEL 03-3261-8981

  • 2017年10月13日 18:00
  • 医療