【第1回 アフィリエイト参加者に聞く副業実態調査】 政府の副業原則容認の流れも、副業OKの企業に属する会社員は4割程度 副業NGの企業は近畿に多く首都圏少なめ。企業の副業への理解に地域差あり

株式会社ファンコミュニケーションズ

株式会社ファンコミュニケーションズ

2017年12月14日 11:30

インターネット広告事業を展開する株式会社ファンコミュニケーションズは、運営する国内最大級のアフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」のメディア会員(アフィリエイト参加者)1,013名を対象に、副業に関する実態調査を実施しました。

インターネット広告事業を展開する株式会社ファンコミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柳澤安慶 東京証券取引所市場第一部:2461)は、運営する国内最大級のアフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」<https://www.a8.net/>のメディア会員(アフィリエイト参加者)1,013名を対象に、副業に関する実態調査を実施しました。

■調査背景
2016年12月に厚生労働省の「モデル就業規則」の副業・兼業禁止規定の見直しが発表され、政府が「原則禁止」から「原則容認」に転換したことから、2017年は「副業解禁元年」と言われています。PCやスマートフォンがあれば時間や場所を選ばず費用もかけずに始められることからアフィリエイトは副業としても人気が高く、2000年のサービス開始以降緩やかな上昇傾向を続けるA8.netの新規メディア会員登録数は、2017年は毎月平均12,000人で増加するなど伸び率が拡大しました。多様な働き方や副業解禁に注目が集まる中、今後もアフィリエイトを新たに始める人が増えることが予想されます。そのような背景を踏まえ、今回は副業でアフィリエイトをする方々の実態を調査しました。

■主な調査結果
【1】3年前の調査比でアフィリエイト専業率が3倍に。特に「主婦」を本業に挙げる女性が大幅減
→2014年に実施した調査と比較して、アフィリエイト専業者率は6%から19%に増加。女性の属性は「主婦」が2014年の46%から今回は30%に大幅減した一方、「会社員」が29%から36%、「自営業」が9%から14%、「その他職業」が14%から18%と、会社員やフリーランスなど仕事を持つ人が増えた。

【2】政府の副業原則容認の流れも、副業OKの企業に属する会社員は4割程度
→所属企業が副業OKと回答した会社員は42%。26%は副業NG、30%は副業可否不明。地域別では近畿地方が副業OK:36%(全国平均比-6ポイント)、副業NG:35%(同+9ポイント)と副業に厳しい様子が目立った。副業OK:46%(同+4ポイント)の東京都を除く首都圏も副業OK:38%(同-4ポイント)と副業を許可している企業が少なく、東京都あるいは地方の方が副業への許容度が高い傾向が見られた。

【3】毎日副業をする会社員では3人に1人が、副業会社員全体では4人に1人が、昼休みに副業に勤しむ
→副業会社員の主な作業時間帯で最も多いのは「夜・帰宅後」で88%。次いで「昼休み」25%、「朝・出社前」19%という結果だった。毎日副業する会社員では「夜・帰宅後」83%、「昼休み」36%、「朝・出社前」32%となった。

【4】アフィリエイト参加者は「投資・運用」にも関心が高く、実践中または検討中、運用資金はアフィリエイトで獲得
→「投資・運用」は「副業収入の主な使いみち」で3位、「実施中の他の副業」4位、「来年チャレンジしたい副業」3位にランクインしており、アフィリエイト参加者が投資・運用に積極的であることが伺える。

【5】実施中の副業では手堅く労働比例型、来年やりたい副業は仕組みを作って大きく稼ぐ“成功報酬型”が人気
→実施中の副業は1位:アフィリエイト、2位:ポイントサイト、3位:その他、4位:アンケートモニター、5位:株・FX・その他投資。来年チャレンジしたい副業は1位:アフィリエイト、2位:その他、3位:株・FX・その他投資、4位:アンケートモニター、5位:ポイントサイト。作業した分だけ対価を得るタイプから大きく稼ぐ仕組みを自作し労働時間に関係なく報酬が得られるタイプへ関心が移っている。

■調査概要
調査方法 :インターネット調査
調査対象 :全国のA8.netメディア会員(アフィリエイト参加者)
有効回答数:1,013人(男性:507人/女性:506人)
調査実施日:2017年10月24日(火)~11月22日(水)

※グラフ、自由回答など詳細は、添付資料でご確認ください。

「A8.net」について
「A8.net」は、2000年6月にサービス開始し、今年17周年を迎えたASP(アフィリエイトサービス・プロバイダー)です。PC・スマートフォン・タブレットに対応しており、累計広告主数約17,900、アフィリエイトメディア数約235万と日本最大級の規模(2017年11月末現在)となっています。また、NPO法人アフィリエイトマーケティング協会主催の「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査」ではASP満足度7年連続1位を受賞するなど、多くのアフィリエイトメディアにご支持いただいています。

株式会社ファンコミュニケーションズについて
ファンコミュニケーションズ<http://www.fancs.com/>は、日本最大の成功報酬型アドネットワーク企業グループです。アフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」<https://www.a8.net/>やスマートフォン向けアドネットワーク「nend(ネンド)」<https://nend.net/>、リターゲティング広告サービス「nex8(ネックスエイト)」<https://www.nex8.net/>などを運営し、費用対効果に優れた「効果の見える」広告プロモーションを企画・提案しています。

所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-8 青山ダイヤモンドビル
設立日:1999年10月1日
代表者:代表取締役社長 柳澤 安慶 (やなぎさわ やすよし)
資本金:11億3,591万円(平成28年12月31日現在)

※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関する報道機関からのお問い合わせ
株式会社ファンコミュニケーションズ 広報室 担当:佐藤・下坂
Tel:03-5766-3792 / 080-4064-4879 Mail:fancs_pr@fancs.com

  • 2017年12月14日 11:30
  • IT