名古屋市名東区に3階建てメゾネット分譲マンション「DUP(デュープ)プレミアム」モデルルームが1月13日よりオープンします。

東新住建株式会社

東新住建株式会社

2018年01月11日 17:00

東新住建株式会社(本社:愛知県稲沢市、代表取締役社長:辻 明典、以下:東新住建)は名古屋市名東区平和が丘二丁目に当社オリジナル商品である3階建てメゾネット分譲マンション「DUP(デュープ)」シリーズのフラッグシップとなる「DUP(デュープ)プレミアム一社駅」の販売開始に伴いモデルルームを1月13日よりオープンします。

東新住建株式会社(本社:愛知県稲沢市、代表取締役社長:辻 明典、以下:東新住建)は名古屋市名東区平和が丘二丁目に当社オリジナル商品である3階建てメゾネット分譲マンション「DUP(デュープ)」シリーズのフラッグシップとなる「DUP(デュープ)プレミアム一社駅」の販売開始に伴いモデルルームを1月13日よりオープンします。
「DUP(デュープ)プレミアム」とは名古屋市内の厳選された立地に建つプライベート性の高い2世帯だけの全戸角住戸のメゾネット分譲マンションです。
例えば、桜の名所や、煌びやかな商業施設、緑豊かな高台の眺望などの風景が住まう方の日常に溶け込み、生活の一部となる「DUP(デュープ)プレミアム」のロケーションは、そんな思い描いた憧れの日々が実現するような、都心部での暮らしを目指して選定しています。
多数住戸のマンションにはないスタイリッシュなデザインは、DUP(デュープ)という住まいが生み出す機能美。2邸だけのプレミアムなマンションは、メゾネットフロア3層構造で駐車場完備率も100%。玄関を出てすぐにお気に入りの愛車で出かけられるこのスタイルと3階建ての建物構造が、空間と大きさを際立たせ、外観ファサードをラグジュアリーなものとしてくれます。
また「DUP(デュープ)プレミアム」の室内は、ディティールにこだわったラグジュアリーな空間を実現。
光あふれる吹き抜けや、間接照明を採用したタイル張りの玄関に部屋全体をシックな雰囲気に包み込むデザイン壁など、ワンランク上の上質な心地よさをもたらします。
「DUP(デュープ)プレミアム」での暮らしは、様々なライフスタイルにマッチし、あなただけのオンリーワンなライフスタイルを実現していきます。

「DUP(デュープ)」シリーズは日本の分譲マンションの新基準となる住まいとして2001年より中部エリアと関東エリアにて販売を開始し着工実績は800棟以上となります。
東新住建は、1976年創業の総合住宅メーカー。自然素材である木にこだわりながら、分譲戸建、注文住宅、街づくりなどを通じて、人と環境に優しい住環境づくりに貢献。さらに地震や災害に強い家づくりのため、木造の強みを活かした2×4工法や当社独自の地盤改良工法を開発し、健やかで安全な暮らしを支えています。
□DUP(デュープ)プレミアム一社駅モデルルーム
○所在地/名古屋市名東区平和が丘二丁目226番他
○総戸数/2棟4戸
○延床 面積/111.51m2(33.73坪)~116.62(35.27坪)
○敷地面積/78.64m2(23.78坪)~108.54m2(32.83坪)
お問い合わせ/東新住建(株) 0587-23-0011(代表)
DUPホームページ http://www.dup-m.jp/
東新住建ホームページ http://www.toshinjyuken.co.jp/