ギターを愛するジャンルを超えたアーティストによる極上のライブ!観て、聴いて、弾いて楽しめる「ギターの祭典」、ギターカーニヴァル2018 埼玉☆浦和 開催決定!再び集う300人のギターの音!

株式会社ジーアンドイー

株式会社ジーアンドイー

2018年01月12日 12:30

埼玉・浦和でギタースクールを展開している株式会社ジーアンドイーが主催、今年2年目となる新感覚の音楽&ギターフェス「ギターカーニヴァル2018 埼玉・浦和」の2018年5月19日(土)、20日(日)の2日間に渡り、埼玉会館・小ホール(JR浦和駅 徒歩5分)にて開催決定!

「埼玉、浦和の街に極上のギター音楽を!」をコンセプトに、ギターをこよなく愛するアーティストと、世代を超えたギターラヴァーズなオーディエンスを繋ぎ、ギター愛に包まれた音楽フェスが2017年に誕生。今年2018年は、埼玉会館小ホール(JR浦和駅徒歩5分)にて、ボリュームアップの二日間に渡る開催が決定した。

5/19(土)のラインナップには多彩な才能を輝かせるお茶の間のロックスター“ROLLY”、今年デビュー45周年を迎える加納秀人率いる伝説のバンド“外道”、東北津軽を材に独自の表現を貫き通す、今、再燃中のバンド“人間椅子”、元ナンバーガールのギタリスト“田渕ひさ子”という、エモーショナルな布陣がギターの弦を響かせる。このラインナップを客席とステージが親密なホールで楽しめるのも魅力だろう。

5/20(日)には、カントリー・ブルース・ギターの重鎮“打田十紀夫”。17歳にしてクラシック・ギター界に旋風を巻き起こした“木村 大”と、G-Clef として紅白出場も果たした“榊原 大(Pf)”のデュオが再登場。ギタリストとして個性的な魅力を放つ安達久美と、セッション・ギタリストして地位を築いたベテラン“是方博邦”はアコースティック・ギターデュオの調べ、そして、80 年代を彩った”パール兄弟”のフロントマン、“サエキけんぞう”と“窪田晴男”が、ルパン・ミュージックで名高い大野雄二バンドに在籍するギタリスト“和泉聡志”を迎えてのステージが繰り広げられる。

メインコンサートの他にも、様々なイベントを用意。昨年大好評を得た「300人でギター大オーケストラ!300人=300本のギター大セッション」。窪田晴男( パール兄弟)&和泉聡志(Yuji Ohno & Lupintic Six) をサウンド・プロデューサーに迎え、ホール全部を使って、みんなでギターで弾くというイベントを用意。ギター初心者の方もすぐ参加できる楽譜も事前に用意して配信する。

その他、メディアを越えたギター雑誌の編集長が一堂に会する「G7 ギターサミット 心の名盤討論会( 仮)」や、誰もが参加出来るギターコンテスト、また浦和駅前広場で行われるアマチュア・ミュージシャンによるライブなど、多くの『参加型』イベントを開催。観て、聴いて、弾いて。ギターの新しい楽しみ方を「埼玉・浦和流」で発信する二日間!

2018年 1月14日(日)午前10時より、一般販売開始!

■チケット料金:
全席指定:2日通し券 9,000円(税込) ・各1日券 5,500円(税込)

■チケット取扱い:
イープラス ギターカーニヴァル2018ページ
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002247110P0050001P006001P0030001
ギターカーニヴァル特設ウェブサイト内
http://guitar-ge.jp/

■制作協力:(株)キングレコード  ■協力:浦和大学

■後援:(株)モリダイラ楽器、島村楽器(株)、(株) リットーミュージック、(株) シンコーミュージック・エンタテイメント、(株)現代ギター社、(株)プレイヤー・コーポレーション、(株)ズーム、TABLtd. (株)ミュージックトレード社、(株)旅工房、(株)キング関口台スタジオ

■主催・制作・お問合せ先:
株式会社ジーアンドイー(音楽教室ギターレ&エアスト内/水~土11:00-21:00)
住所:〒330-0061 埼玉県さいたま市仲町2-6-1
電話:048-825-8097
メール:order@saimusic.jp