「今、草の根から社会を変えていくには何が必要か」 NPO法施行20周年記念&グラスルーツスクール開講記念シンポジウム

NPO法人Grassroots Japan

NPO法人Grassroots Japan

2018年01月12日 16:00

1998年に特定非営利活動促進法(以下NPO法)が施行されて以来20年が経った今、現場・学問・法改正の立場それぞれの立場から市民セクターの発展に尽力されてきた方々をお招きして、NPO法が施行されてからの20年を振り返りつつ、これから草の根からボトムアップで社会を変えていくにはどうすれば良いか、徹底討論します。

1998年に特定非営利活動促進法(以下NPO法)が施行されて以来20年が経ちました。NPO法施行以来NPOは増加し続け、現在では約5万団体ものNPOが日本にでき、任意団体や社団法人を含めると、社会的事業者は全国に約20万団体あると言われています。
一方まだまだ世の中には少子高齢化や地方の過疎化などの社会課題が山ずみで、かつ財政の悪化や議会の多様性など行政課題・政治課題も多くある状況です。
今回のシンポジウムでは現場・学問・法改正の立場それぞれの立場から市民セクターの発展に尽力され第一人者とも言える方々をお招きして、NPO法が施行されてからの20年を振り返りつつ、これから草の根からボトムアップで社会を変えていくにはどうすれば良いか、徹底討論します。

<シンポジウム詳細>
●タイトル
「今、草の根から社会を変えていくには何が必要か」
●詳細URL
https://peatix.com/event/338500
●日程
1月22日(月)18:30~21:00
●会場
〒107-8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号
日本財団2階 大会議室
●登壇者
・鈴木寛(文科省補佐官/東京大学教授/慶応大学教授)
・松原明(NPO法人シーズ創業者)
・鈴木崇弘(城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科教授)
・藤沢烈(一般社団法人RCF代表理事)
・池本修悟(一般社団法人ユニバーサル志縁センター専務理事)
・谷隼太(NPO法人グラスルーツジャパン代表)
司会:藤井敬子(フリーアナウンサー)
●主催
NPO法人グラスルーツジャパン(http://grass-roots.net/lp/
●共催
日本財団CANPANプロジェクト
●定員
100名ほど

●タイムスケジュール
18:30開会
~18:35開会のアナウンス(谷氏)
~18:40 CANPANさんより告知
~18:55スクール開講の説明(谷氏)
~19:15基調講演「NPO法施行から20年~これまでの20年と現状について~」(鈴木寛氏)
~19:30事例紹介:コミュニティオーガナイジングを活用したアドボカシー(池本氏)
~19:45事例紹介:自治体と連携した復興支援(藤沢氏)
~20:30パネルディスカッション(藤沢氏、松原氏、鈴木崇弘氏、池本氏)
~20:50質疑
~21:00名刺交換会

●主催団体概要
団体名 : NPO法人グラスルーツジャパン
代表者 : 代表理事 谷隼太
所在地 : 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクウェア1083
設立  : 2017年7月
事業内容: 行政との連携方法を体系化したグラスルーツスクールの運営、WEBメディアの運営
URL  : http://grass-roots.net/lp/