江ノ島ちょっとヨットビーチクラブの台風被害からの復興資金の調達プロジェクトをクラウドファンディングサイトの「CAMPFIRE」と「INDIEGOGO」で 開始

一般社団法人湘南海洋教育スポーツ振興協会

一般社団法人湘南海洋教育スポーツ振興協会

2018年02月08日 17:00

江ノ島ちょっとヨットビーチクラブを運営する、一般社団法人 湘南海洋教育スポーツ振興協会(所在地:神奈川藤沢市、代表理事:松尾省三、以下 ちょっとヨット) は昨年、江ノ島を直撃した台風21号による高潮の被害とその後の盗難被害からの復興資金の調達を、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」と「INDIEGOGO」にて2018年2月8日より復興資金の一部である1000万円を目標に調達プロジェクトをスタートしました。

「CAMPFIRE」
【湘南発】台風被害を乗越え、子供達にマリンスポーツを通じて笑顔と学びを提供したい
https://camp-fire.jp/projects/view/59053

「INDIEGOGO」
We regain children's smile from typhoon damage
https://www.indiegogo.com/projects/we-regain-children-s-smile-from-typhoon-damage--2/x/17664783#/

ちょっとヨットは、湘南の江ノ島で全国的にも例のない幼稚園児対象の海洋スポーツ体験型幼児教室「江ノ島ちょっとヨットキッズ」や、小中学生を対象としたヨットを軸としたマリンスポーツクラブ「江ノ島ちょっとヨットJr」や中高生以上のアスリートセーラーを対象とした「ちょっとヨットセーリングアカデミー」などのスクールやクラブを文部科学省推奨の総合型地域スポーツクラブとして運営しております。

ちょっとヨットは、一般的には限られたお金持ちの遊びというイメージの強いヨット、ウインドサーフィン等のセーリングや、SUP、サーフィン等のマリンスポーツを、幼稚園児から大学生までの子供たちが安全に、安価に、そして何より楽しく学ぶことができるみんなが海を好きになるスポーツとして、それを実現できる機会と環境を構築してまいりました。

しかし、10月23日に江ノ島を直撃した台風21号による高潮とその後の盗難事件により、子供たちが楽しく安全に活動するための環境作りに不可欠な用具(ヨットやレスキューボートや重機)が破損し、また、それらを保管するための艇庫(倉庫)が全壊した結果、数千万円に上る甚大な被害が出てしまい、子供たちの活動に大きな支障をきたす状況になってしまっていました。そのため、本プロジェクトを「CAMPFIRE」と「INDIEGOGO」の協力を得て、立ち上げ、それら施設の再建と用具の購入及び再建資金の調達を行い、以前の活動を取り戻すべくスタートしました。[A1]

なお、本プロジェクトの募集締め切りは3月9日。「キャンプファイヤー」は一口5000円から「INDIEGOGO」は1口30USDから支援することが可能であり、江ノ島ちょっとヨットビーチクラブの特別会員資格やオリジナルポロシャツなどをお礼としてうけとることができます。
===================================
■クラウドファンディングとは

インターネット上で個人や団体、株式会社などがプロジェクトを提案し、不特定多数の方からお金を集める仕組み。2000年代初頭から、欧米を中心に企業・団体・アーティストなどが利用したことで広まり、日本では震災後に活発化。被災地支援や医療問題、製造存続の危機に瀕した製品の継続、海外に渡航し夢を実現したい人に至るまで、あらゆる企画が「共感」によって資金を集め、企画を実現させています。


■会社概要
商号   : 一般社団法人 湘南海洋教育スポーツ振興協会
代表者  : 代表理事 松尾 省三
所在地  : 〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4
設立   : 2012年01月
URL     :http://www.coco-bea.com