ガスと重油を混焼できる船舶用ボイラバーナに36年以上の実績を持つボルカノ株式会社、海事展示会Sea Japan 2018に出展

ボルカノ株式会社

ボルカノ株式会社

2018年03月13日 13:30

ボルカノ株式会社は、2018年4月11日(水)~13日(金)  東京ビッグサイト 東5・6ホールで開催される、Sea Japan 2018において、ジャパンパビリオンブースに出展参加します。
また、(一社)日本舶用工業会 開催の「ショートプレゼンテーションコーナー」に参加し、ボルカノは、「LNG燃料船のBOG処理」と題したプレゼンテーションを実施します。
ボルカノは長年のガス燃焼、重油等のオイル燃焼において積重ねた技術力をもとに、舶用分野においてはガスと重油を混焼できる「オイル/ガス コンビネーションバーナ SFFGII」をLNG(液化天然ガス)運搬船の主ボイラ用として36年以上にわたって搭載してきた実績があります。

Sea Japan 2018
  日程    2018年4月11日(水)~13日(金)
  開催場所 東京ビッグサイト 東5・6ホール
  主催    UBMジャパン株式会社
  後援    国土交通省、
        一般社団法人 日本船主協会、
        日本内航海運組合総連合会、
        一般社団法人 日本造船工業会、
        一般社団法人 日本中小型造船工業会、
        日本船舶輸出組合、
        一般社団法人 日本海運集会所、
        一般社団法人 日本舶用工業会、
        日本貿易振興機構(ジェトロ)
URL   https://www.seajapan.ne.jp/



ショートプレゼンテーションコーナー
  日時  2018年4月11日(水) 13:00~16:00

       2018年4月12日(木)~13日(金) 10:00~16:00

       ボルカノによるプレゼンテーションは、4月12日(木)15:00(約20分間)を予定

  開催場所 Sea Japan 2018会場内 ジャパンパビリオン
         テーマゾーン ショートプレゼンテーションコーナー









これら経験に基づいたLNG燃料船向けの製品として、2016年には 「BOG処理装置(Boil Off Gas Combustion Unit) MECS-GCU(メックス ジーシーユー)」、「オイル/ガス コンビネーションバーナ Vignis-mini(ビグニスミニ)」を相次いで発売しました。これら製品は日本初のLNG(液化天然ガス)燃料船に搭載されたり、世界初のLNG燃料自動車運搬船、LNGバンカリング船に採用されたりするなど、お客様から高い評価をいただいています。
舶用分野でのLNG燃料利用拡大の動きの中で、ボルカノのガス燃焼、オイル/ガス混焼の分野での活躍に注目ください。
ボルカノの出展場所は、ジャパンパビリオン/Japan Pavilion内、JPN-185及びテーマゾーンです。プレゼンテーションのご聴講、ジャパンパビリオンブースへのご来場をお待ちしています。

参考 ボルカノ展示概要
ジャパンパビリオンブース
 1.LNG燃料船向け BOG処理装置  “MECS-GCU”               レプリカ展示
 2.LNG燃料船向け オイル/ガス コンビネーションバーナ “Vignis-mini” レプリカ展示

ジャパンパビリオンテーマゾーン
 1.LNG燃料船向け BOG処理装置  “MECS-GCU”               製品パネル展示


写真は、LNG燃料船向けBOG処理装置「MECS-GCU(メックスジーシーユー)」、LNG船向け主ボイラ用オイル/ガス コンビネーションバーナ「SFFGII(エスエフエフジーツー)」