タープ流 『空き家問題解決プロジェクト』 6月1日開始 「放置空き家」を賃貸倉庫に変えて 長期的な安定収益に ~ マイナス収益物件を高収益に変える不動産投資 ~

株式会社タープ不動産情報

株式会社タープ不動産情報

2018年05月08日 15:00

工場・倉庫物件の仲介を行う株式会社タープ不動産情報(本社:東京都文京区、代表取締役社長:三浦孝志)は、マイナス収益の放置空き家を安定した収益の賃貸倉庫物件に変える『空き家問題解決プロジェクト』を、2018年6月1日から開始します。

■収益を上げつつ、放置空き家の問題を根本解決
『空き家問題解決プロジェクト』は、衛生、防災、防犯、景観などの面で社会的に問題となっている放置空き家物件を賃貸倉庫物件として再生することで、社会的な問題を根本的に解決する上、空き家のオーナーに新たな収益をもたらすプロジェクトです。深刻化する放置空き家問題の解決の一助となるべく、低予算で建て替えもしくはリノベーションします。

放置空き家は放置すれば社会問題になり、更地にした場合はさらに「住宅用地特例」が適応されなくなり、固定資産税が最大で6倍になるなど、さまざまな面からマイナスといえます。しかし、放置空き家を低予算で建て替えやリノベーションを行って賃貸倉庫とし、トランクルームや資材置き場、高級車保管場所などとして貸し出すことで、長期的に安定した収益を生む優良物件に変化させることができます。

当社は工場・倉庫を専門に扱う不動産会社で、事業主のニーズに合う倉庫物件を数多く仲介してきました。この実績から現在、倉庫物件を探している事業主のデータを1万件以上保有しています。当社はこのデータを活用し、放置空き家物件の建て替え、リノベーションからその後の賃貸契約・管理までを一貫してサポートできる体制を整えています。

■長期間安定した賃貸倉庫の収益性

例として、東京都板橋区にある駅から徒歩20分、土地面積100m2の物件を想定し、(1)空き家を放置した場合、(2)新築に建て替え、戸建て賃貸物件とした場合、(3)倉庫として建て替え、賃貸倉庫物件とした場合の3つのケースで収支を比較したところ、結果は上記の表のようになりました。
このようなケースを想定して比較すると、以下のことがわかります。
・ (1)の空き家を放置したままだと収益が永続的にマイナス
・ (2)の戸建て賃貸住宅は、高い費用をかけて新築した割には、経年による家賃の下落が激しい上、借主の入退去時の費用はオーナー負担のため、経費がかかる
・ (3)の賃貸倉庫は、安い費用で新築した割には、もっとも収益性が高い

『空き家問題解決プロジェクト』を担当する小林靖彦は、こう述べます。「空き家問題が深刻となっている現状で、法整備も含めて未だ画期的な解決にいたっておりません。その背景から弊社が専門に取り扱っている倉庫への建て替えで、低コストにて優良資産へ変わります。社会問題となっている放置空き家対策の1つとしてご提案させていただきます。」

【会社概要】
社名:   株式会社タープ不動産情報
本社:  東京都文京区小石川2-5-7  A棟2階
TEL:   03-5803-9292
URL:    http://tarp-group.com/
代表: 代表取締役 三浦 孝志(みうら たかし)
設立: 1999年5月
資本金: 1,000万円
従業員数: 34名
事業内容: ◆工場・倉庫物件の売買賃貸仲介
◆企業の海外進出サポート(貸工場・貸倉庫の紹介など)
◆リノベーション・工事
◆資産相続コンサルティング(国内・海外)


【1頁に記載した想定ケース(1)~(3)の詳細】
(1) 空き家として放置し、「特定空家」に指定された場合
・ 100m2の土地に、総床面積100m2の老朽化した2階建ての戸建て住宅が建っている

(2) 放置空き家を取り壊して戸建てを新築し、賃貸居住物件とした場合
・ 100m2の土地に、総床面積100m2、2階建ての戸建てを3,000万円で建て、20年ローン(金利
1%、)で返済
・ 家賃設定を最初の10年で\170,000、11年から20年を対初期10年から11%減の\151,300
と想定する

(3) 放置空き家を取り壊して倉庫を新築し、賃貸倉庫物件とした場合
・ 100m2の土地に、総床面積60m2、平屋建ての倉庫を900万円で建て、20年ローン(金利1%、)
で返済
・ 家賃を\108,900とし、倉庫物件の特性として、経年による家賃への影響がないことを前提とする