SBSグループ、フードバンク活動を後方支援 -セカンドハーベスト・ジャパンに物流資源とノウハウを提供します-

SBSホールディングス株式会社

SBSホールディングス株式会社

2018年06月13日 09:00

当社は、セカンドハーベスト・ジャパン(本部所在地:東京都台東区、以下、2HJ)と、「フードバンク活動の支援に関する覚書(以下、支援協定)」を締結し、5月17日よりフードバンク活動の基盤である物流の支援を開始いたしましたのでお知らせします。

当社は、セカンドハーベスト・ジャパン(本部所在地:東京都台東区、以下、2HJ)と、「フードバンク活動の支援に関する覚書(以下、支援協定)」を締結し、5月17日よりフードバンク活動の基盤である物流の支援を開始いたしました。

2HJは品質に問題がないにもかかわらず市場で流通出来なくなった食品を、企業等から寄附として受付け、それらを生活困窮者などに提供する“フードバンク活動”(東京、神奈川、埼玉、千葉を中心とした児童養護施設等各種福祉施設・団体約300箇所への提供、各拠点における生活困窮者など個人への提供、学習支援団体などへのお弁当配布等)を行う団体です。

この度締結した支援協定は、事業を通じた支援活動を模索する当社と、物流支援を求めていた2HJのニーズが一致したことで実現しました。支援内容は、食品寄贈を希望する企業と2HJの物流拠点を結ぶ輸送支援、倉庫運営および車両運行に関する助言・提案等です。既に物資輸送と昨年八潮市に開設された2HJ埼玉拠点の運営に関するアドバイスを実施しております。

2HJは食べ物に困った人が、いつ何時でも食べることができる“フードセーフティネット”の構築を目指しており、2020年までに東京で10万人、神奈川・埼玉で6万人の、食事に窮する人々を支える「東京2020:10 万人プロジェクト」を推進しています。当社はこの目標達成に少しでも寄与できるよう、活動に協力してまいります。

SBSグループは、経営理念に則り、社会と共に生きることを事業活動の大原則としています。社会を構成し支える一員として、これからもステークホルダーの皆様とのコミュニケーションを大切にし、社会との調和、安心と信頼の関係を構築するために、さまざまな活動を重ねてまいります。


【SBSグループ概要】
持株会社:SBSホールディングス株式会社(SBSグループ持株会社)
設  立:1987年12月
代 表 者:代表取締役社長 鎌田 正彦
上  場:東京証券取引所市場第一部(証券コード:2384)
本社住所:東京都墨田区太平4丁目1番3号 オリナスタワー
資 本 金:39億円
売 上 高:1,528億円(連結)
従業員数:14,426名(うち正社員5,515名、連結)
事業内容:SBSグループは、1987年の創業以来、物流ならびに物流に付帯するサービスを充実させ、
     ワンストップの物流サービスをご提供することで、お客様の利益創造に貢献してまいりました。
     グループ内には、食品から超重量物までさまざまな商品を扱う企業群、路線、区域、即日配送
     まで多様な配送形態にお応えできる企業群、そして、物流施設開発、環境物流などの専門的
     な企業群を有しています。
グループ:連結子会社16社(2018年1月1日現在)
   SBSロジコム(株),SBSフレイトサービス(株),日本レコードセンター(株),
   SBSグローバルネットワーク(株),SBSロジコム北関東(株),SBSロジコム南関東(株),
   SBSジーエフ(株),SBSフレック(株),SBSフレックネット(株),SBSゼンツウ(株),
   SBS即配サポート(株),SBS Logistics Singapore Pte. Ltd.,SBSアセットマネジメント(株),
   SBSスタッフ(株),SBSファイナンス(株),マーケティングパートナー(株)

URL: http://www.sbs-group.co.jp


【セカンドハーベスト・ジャパン について】
国内初のフードバンク。まだ賞味期限があるにも関わらず様々な理由で売ることができない食品を集めて、必要な方たちへお渡ししています。日本でのフードセーフティネットの構築を目的とし、児童養護・母子支援・障害者支援等の福祉施設や生活困窮者などに食品の提供を行っています。2018年4月に寄附金に対し税制上の優遇措置が受けられる『認定NPO法人』を取得しました。

URL: https://2hj.org/

※ 本件に関する2HJのプレスリリースもぜひご覧ください。
    http://2hj.org/news_press/2609.html