春夏秋冬、四季の暮らしに贈りたい絵封筒の参考事例から、普段の生活での挨拶状、お礼状、お祝い、お見舞いなどにもひと工夫『絵封筒の描き方:絵てがみをもっと自由に楽しもう』著者吉水咲子が、電子書籍で配信開始

株式会社誠文堂新光社

株式会社誠文堂新光社

2018年08月01日 18:00

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区 http://www.seibundo-shinkosha.net )は、2018年7月30日に『絵封筒の描き方:絵てがみをもっと自由に楽しもう』著者吉水咲子が、キンドル電子書籍ストアで配信開始いたしました。

■『絵封筒の描き方:絵てがみをもっと自由に楽しもう』著者吉水咲子
・キンドル電子書籍 https://amzn.to/2NX8EN3
・アマゾン書籍   https://amzn.to/2NWQL0Y

「絵てがみ」の本は数多くありますが、この本は「絵封筒」の描き方を紹介した本です。
ふだん皆さんが絵てがみを描くのと同じように、
こんどは封筒を使って描いてみよう…というわけです。

封筒を使って、どのように相手に思いを伝えていくのか…。
封筒にも絵や文字は描けるし、もちろん、中に入れる絵てがみにも描くことができます。

封筒はタテ長でもヨコ長のものでもよいし、中に入れる手紙だって便箋用紙でも、
コピー用紙でも、和紙でもよい。
その自由な発想が、この絵封筒にはあるのです。

贈られた相手はまずはパッと見て「絵封筒」を楽しみ、
次に開いてみて「絵てがみ」でさらに楽しむことができます。
つまり、この時間の経過とともに、オリジナルの物語性を生み出すことで、
二重の楽しみが得られる仕掛けになっているのです。

絵手紙の進化型? といっても過言ではなく、人と人とのつなげる、
新しいコミュニケーション・ツールになるのではないでしょうか。

本書では、春夏秋冬、四季の暮らしに贈りたい絵封筒の参考事例から、
普段の生活での挨拶状、お礼状、お祝い、お見舞いなどにもひと工夫してみました。
著者は「絵てがみ」の世界で新境地を開いてきた吉永咲子先生。
ぜひとも、本書を読んで、新しい絵封筒にチャレンジしてほしいです。

■目次
1 絵封筒と絵てがみを描く楽しみ
2 絵てがみに花を描く
3 四季の暮らしを思いっきり自由に演出できるのも魅力!
4 季節を自由に描こう。言葉もひとこと添えて
5 切手の貼り方・使い方―デザインでひと工夫―
6 絵と文字の組み合わせ方
7 インパクトのある絵を描く
8 絵封筒と絵手紙のコラボレーション。ストーリー(物語)を楽しもう
吉水咲子の「絵手紙夢工房」から
質問ボックス「絵封筒と絵てがみの決まりごと」

■『絵封筒の描き方:絵てがみをもっと自由に楽しもう』著者吉水咲子
・キンドル電子書籍 https://amzn.to/2NX8EN3
・アマゾン書籍   https://amzn.to/2NWQL0Y

■―――――■――――■誠文堂新光社ニュース■――――■―――――■
7/30 いよいよ明日 火星大接近 の様子を「生中継」で見よう!!?
7/31(火)20:00~ #ニコニコ生放送 にて
月刊 天文ガイドカメラマン #井川俊彦 さんをナビゲーターにお迎えし
火星の様子を生中継で解説します
http://live.nicovideo.jp/gate/lv314605870
地球への火星大接近は15年ぶり!!?ぜひご覧ください

7/30 本日、7/30(月)23:30~放送予定!!?
TV番組『#板尾壇(談)』(#テレビ埼玉) にて
#難波里奈 著の『#純喫茶とあまいもの』がTVにて紹介されます
尚、スカパー・KawaiianTV:7/17(火)放送済のため
番組HP内の各動画サイトでもご覧頂けます
https://kawaiian.tv/program/itaodan/

7/30 ラジオ出演情報!!?
『#純喫茶とあまいもの』の著者 #難波里奈 さんが、
7/28(土)20時~放送 J-WAVE RINREI「#CLASSYLIVING」に
ご出演いたしました。放送後もラジコで一週間視聴可能です。

7/29 ダ・ヴィンチニュースで紹介していただきました。
15年ぶりの火星大接近は7月末~8月が見ごろ。探査機はやぶさ2は宇宙から何を持ち帰る? 1冊でどちらも解説!
https://ddnavi.com/review/476091/a/

7/29 イベント #BOOKMARKET 無事終了しました!
ご来場くださったみなさま、誠文堂新光社スペースにて本をお手にとってくださった方、
ありがとうございました。みなさまの温かい言葉を胸に頑張ってまいります!
これから花火大会が始まりますが、安全第一でお楽しみくださいね~!

■―――――■――――■電子書籍に関するお問い合わせ先■――――■―――――■
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
編集局 メディア事業部:media_dept@seibundo.com
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai