より多くの物件をより少ないスタッフで。手書きの台帳が飛び交う超アナログな会社を一変させる究極のノウハウを伝授!『IT化で勝ち抜く最強の賃貸管理』2018年8月10日発売!

株式会社幻冬舎メディアコンサルティング

株式会社幻冬舎メディアコンサルティング

2018年08月10日 17:00

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『IT化で勝ち抜く最強の賃貸管理』(松浦 宏司 著)を2018年8月10日に発売い...

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『IT化で勝ち抜く最強の賃貸管理』(松浦 宏司 著)を2018年8月10日に発売いたしました。


迅速な情報共有で作業効率が格段にアップ!
トラブルを未然に防ぎ、万が一の事態にも全員が対応可能。
賃貸管理業務IT化のポイント

賃貸管理では、定期巡回や法定点検に加え、空室管理やトラブル対応など、業務内容が多岐にわたります。
しかし得られる利益は管理戸数によって決まっているため、「忙しい割に利益が上がらない」と悩む管理者は少なくありません。
できれば定期的に発生する業務だけでも作業量を減らし、効率良く管理したいというのが多くの人の願いでしょう。
作業効率化の方法としてExcelでのIT化や市販の賃貸管理アプリの導入を試みるケースもありますが、一見同じように見えるルーティンでも、オーナーや物件によって注意すべき項目が違うなど、実際には担当者の裁量に一任されている業務は少なくありません。
そのため、情報の一元化が難しかったり、逆に余計な作業が増えてしまったりと、なかなかうまくはいかないものです。

そこで本書では、賃貸管理アプリの開発者でもある著者が、賃貸管理業ならではの問題を解決するIT化のポイントを紹介。巡回や法定点検などの定期業務から、問い合わせ対応などのイレギュラーな業務まで、あらゆる情報を一元化し作業効率化を実現する具体的な方法を伝授します。

【書籍情報】
書 名:『IT化で勝ち抜く最強の賃貸管理』
著 者:松浦 宏司(マツウラ コウジ)
発売日:2018年8月10日
定 価:864円(税込)
体 裁:新書/204ページ
ISBN :978-4-344-91841-2

【目次】
第一章 こんな効率化は間違い!
賃貸管理のIT化を図っても、なぜ失敗に終わるのか?
第二章 ルーティンワーク、空室対策、クレーム対応――
賃貸管理業界で勝ち抜くには、三つの業務のIT化が必須
第三章 法定点検、巡回、室内清掃・・・・・・
スタッフのミスやトラブルを減らし大幅コストダウン
ルーティンワークIT化の秘訣
第四章 素早い対応でオーナー・仲介会社から信頼を勝ち取り収益アップ
空室対策IT化の秘訣
第五章 きめ細やかな対応で高稼働率をキープ
クレーム対応IT化の秘訣
第六章 ITによる効率的な賃貸管理は、会社の収益向上オーナーと入居者の満足度向上につながる

【著者プロフィール】
松浦 宏司(マツウラ コウジ)
株式会社三島コーポレーション情報企画部部長。
大手金融メーカーで12年間、金融系の大規模システムの開発に携わった後、三島コーポレーションに入社。賃貸管理部にて効率的で質の高いサービスを実現する、独自の賃貸管理アプリを開発する。2017年からこのノウハウを盛り込んだアプリの刷新を担当した。
宅地建物取引士、公認不動産コンサルティングマスター、管理業務主任者、2級ファイナンシャル・プランニング技能士。