【矢野経済研究所プレスリリース】医療用ディスポーザブル製品汎用品市場に関する調査を実施(2018年)-2017年度の国内医療用ディスポーザブル製品汎用品市場は前年度比2.1%増の2,479億6百万円-

株式会社矢野経済研究所

株式会社矢野経済研究所

2018年10月15日 14:30

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内医療用ディスポーザブル製品汎用品市場を調査し、市場規模推移、セグメント別動向、参入企業別動向、将来展望を明らかにいたしました。

2017年度の国内医療用ディスポーザブル製品汎用品市場は前年度比2.1%増の2,479億6百万円
~針刺し事故防止や血液飛散防止、誤接続防止などの感染防止対策製品であるSafety製品やディスポーザブル化の進展が期待できる呼吸・麻酔回路、酸素マスク・カニューラが市場を牽引~

1.調査期間:2018年4月~9月
2.調査対象:医療機器メーカー(製造業・製造販売業)
3.調査方法:当社専門研究員による直接面接取材、および電話取材、郵送アンケート併用
4.発刊日:2018年9月28日

<医療用ディスポーザブル製品 汎用品とは>
本調査における医療用ディスポーザブル製品汎用品とは、病院、クリニック、検査センター等で使用される単回使用の医療機器を指し、薬剤注入関連や輸液ライン、手術関連製品などを対象とした。注射針や翼状針などの針類、輸液などで使用される輸液セット、医療用フィルター、三方活栓や連結管など栄養ラインシステム、人工呼吸器・麻酔器で使用されるマスク、回路、ECG電極などが該当する。
但し、同じく単回使用のカテーテル、チューブ製品は含まない。

プレスリリースの詳細は以下をご参照ください。

■プレスリリース
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2007
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/





  • 2018年10月15日 14:30
  • 医療