サウスコ、 活線挿抜保護に対応した基板取付用の新製品「P7 インジェクト/エジェクト シリーズ」を発表

サウスコ・ジャパン株式会社

サウスコ・ジャパン株式会社

2018年10月17日 10:30

[大阪] - 2018年10月17日 - サウスコは、電子産業で実績を持つ基板取付用インジェクト/エジェクト製品を拡充する新製品 「P7 インジェクト/エジェクト ハンドルセット」を発表しました。AdvancedTCA(R) (ATCA)用途のフルサイズAMC(Advanced Mezzanine Cards)基板キャリア向けに設計されたこの製品は、活線挿抜(ホットスワップ)保護機能を特徴としています。

上部/下部用ラッチ、スイッチアームなどから成るP7 インジェクト/エジェクト ハンドルセットは、システムの正面からフェイスプレートに取り付けることができ、またホットスワップ(活線挿抜)に対応します。ホットスワップは、保管されたデータの安全性を管理する上でシステムに必須とされる機能です。例えば、1つのシステムがダウンし、バックアップを持たない場合にはシステムが修復されるまでの間、データは大きなリスクにさらされます。

サウスコのP7シリーズ エジェクタシステムは、基板のコネクタがシェルフのバックプレーンに適切に設置されるための「ワイプ」を備えています。P7のレバーを開放すると集積型マイクロスイッチから信号が発信され、データが冗長ラインカードに送信されることで、故障カードの作業もしくはスワップアウトを行うことができます。

サウスコは、フロントパネル用金物の主要サプライヤーで、機能性、柔軟性、人間工学的な使いやすさと、AdvancedTCA(R) (ATCA)、AdvancedMC(TM) (AMC)、MicroTCA(R)などの標準であるPICMG に適合した製品で実績を有しています。サウスコ はPICMGのメンバーで、規格に準拠したエジェクタハンドル、アライメント/キーブロック 、脱落防止ねじなどを開発し、供給しています。

サウスコ・ジャパン、カントリーマネジャーの渡邉哲哉は、「P7 インジェクト/エジェクト ハンドルセットは活線挿抜保護機能を備えた完全なソリューションで、AMCモジュールを設置したキャリアが取り外された際の中断を回避し、確実にアプリケーションサーバーと連携させることができます。」とコメントしました。

製品について詳しくは、https://www.southco.com/static/Literature/p7-amc.ja.pdf をご覧ください。



サウスコについて
サウスコ(Southco, Inc.)は、技術力に根ざした金物などのアクセスソリューションの設計・製造で世界をリードしています。"Create First Impression That Last" (出会いの感動が続く製品づくり)をモットーに、品質、性能から美しい外観や人間工学的な使いやすさまで、お客様の用途設計に貢献する製品をお届けしています。70年以上にわたり、サウスコの革新的なアクセスソリューション製品は、輸送機器、各種産業、医療機器、データセンターなどの用途で、顧客製品のエンドユーザーがまず目にし、触れる「タッチポイント」部品の品質とデザイン性で、世界の大手メーカーおよびそのブランドの価値創造に貢献しています。トップレベルの技術力の蓄積、革新的な製品と、専門家によるグローバルサポート体制で、世界中の機器設計者に幅広い高品質のアクセスソリューションをお届けしています。
www.southco.com(サウスコ・ジャパン ウェブサイトwww.southco.com/ja-jp )

Southco Asia Limited(アジアパシフィック地域本社)
2401-2406, Tower 2, Ever Gain Plaza, 88 Container Port Road, Kwai Chung, Hong Kong
Phone: +852 3127 1500 Fax: +852 3127 1512 ap_marketing@southco.com