西藤東生がボイスブック版「スリーピー・ホローの伝説」を朗読。2019/1/1リリース

一般社団法人日本タレント協会

一般社団法人日本タレント協会

2019年01月11日 17:00

ボイスブックの制作・配信を行うJAT[一般社団法人日本タレント協会](以下「JAT」)は、役者・声優として活躍する西藤東生(https://twitter.com/nvoiceactor)を起用して、ワシントン・アーヴィングの名作「スリーピー・ホローの伝説」ボイスブック版を制作し、JATが運営するボイスブック配信サービス「コエボン」(http://koebon.shop)にて配信を開始しました。映画版とは違った作品の世界観を存分にお楽しみいただけます。
( http://koebon.shop/product/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%BC%9D%E8%AA%AC/



■西藤東生
過去出演作 舞台「リチャード三世」「女たちの乱歩」 ミュージカル「The Heartbreakhotel」 朗読劇「獄窓」「はだしのゲン」 郡読「ナツノキヲク」「冬空」「ひなた」ラジオ「Night★Cap Story」 オーディオブック 「スリーピーホローの伝説」他多数。





■スリピー・ホローの伝説・あらすじ
学校教師イカバッド・クレーンは、スリーピーホローの地に住み着き、子供たちに勉強を教え始める。
村一の豪農ヴァン・タッセル家には、年頃の美しい娘カトリーヌがいて、一人娘の彼女はやがて裕福なその家を継ぐことが約束されていた。
イカバッドと村の青年ブロム・ボーンズは、カトリーヌを巡って火花を散らす。
やがてヴァン・タッセル家で『縫物仕事の会』という名目のパーティーが行われ、その帰り道、イカバッドの目の前に
首なしの亡霊が姿を現す。
のどかな田舎町の昔話という趣です。
美しい娘と彼女の家が所有する豊かな実り。
農家だけにその財産は”食”と直結しています。
イカバッドの野心が情景描写に反映され、その瞳に世界が輝いて映っているのがよくわかります。
しかし幽霊が登場するくだりでは、うってかわって、彼を取り巻く世界は暗く不安なものに様変わりします。

■ワシントン・アーヴィングとは
19世紀前半のアメリカ合衆国の作家。

■商品情報
ボイスブック「スリーピー・ホローの伝説」
著 ワシントン・アーヴィング / 朗読 西藤東生

再生時間 02:16:05
配信日 2019/1/1
図表 なし
分割ファイル数 3枚
倍速版 なし

【ボイスブックとは】
ボイスブックとは、アナウンサー、俳優、女優、ナレーター、声優、朗読家、タレント等が本を朗読したオーディオ作品です。耳だけであらゆる情報を取り入れる為、電車移動、家事の最中、就寝時等あらゆる生活スタイルに順応して活躍します。

◆コエボン"声の本屋さん"(http://koebon.shop
JAT[一般社団法人日本タレント協会]が運営する、ボイスブック配信サービスです。2018年8月よりサービスを開始。毎月50本以上のボイスブックリリースを目指します。大手配信サービスとは一線を画した独自の視点でプラットフォーム展開を行ってまいります。

■JAT[一般社団法人日本タレント協会](本社:東京都港区赤坂、代表理事:中井亮太郎)
JATは2009年9月に設立して以来、エンターテイメント業界で活動したい方の為に、既存のエンターテイメントを追求し、新しいエンターテイメントを創造する事で、新たな活動の場を提供して参りました。
ITが急速に進化している現代社会において、時代のニーズと古き良き文化の区別や判断も困難な中、はたして自分はどう生きるべきなのか?何のために生きるべきなのか?を多くの人は見失い取り残されています。
そこで私たちは、エンターテイメント事業を通じて、楽しく・賢く生きる為のヒントや、発信者として活動したい方の支援を一般社団法人協会としての役割として担っております。