株式会社プラチナエッグ クリプトダービー(CryptoDerby)にて、日本発のタイトルとして初の、次世代ブロックチェーンプラットフォーム “TRON”への対応を決定

株式会社プラチナエッグ

株式会社プラチナエッグ

2019年01月18日 17:00

株式会社プラチナエッグ(本社:東京都文京区、代表取締役:竹村也哉)は、2019年1月18日、次世代ブロックチェーンプラットフォームTRONへ、CryptoDerbyを接続する方針を発表致します。
国内のブロックチェーンゲームとしてTRONへの対応する方針を発表したのはCryptoDerbyが初となります(当社調べ)。

ブロックチェーンゲームの魅力とは
ブロックチェーンゲームは、従来のゲームと異なり、ゲーム内資産を実際に所有することができるゲームです。
これによりブロックチェーン上での取扱、各種仮想通貨やブロックチェーン上のトークンとのやり取りを行うことが可能な、極めて先進的なゲームです。
多くのゲームユーザーや、仮想通貨ファウンダー、ベンチャーキャピタルなどからの期待が寄せられています。

TRONとは
TRONとは、2018年6月にメインネットがリリースされている次世代ブロックチェーンプラットフォームです。
現在ブロックチェーンゲームを遊べるプラットフォームとして、ランキング上位を占めており、Tronbet, Fishing Masterなど様々なゲームが展開されており、最も上位のゲームアプリであるTronBetでは、一日22.5M USD(約 25億円)の仮想通貨が一日で動く非常に大きなプラットフォームとなっております。

https://tron.network/



TRONへのCryptoDerbyの接続について
株式会社プラチナエッグの CryptoDerby ( https://cryptoder.by/ ) はDApps2.0を目指し、グラフィック、トランザクション速度、ユーザー体験などについて今までのDAppsとは一線を画するブロックチェーン競走馬トレーディングゲームとして開発が進められており、Multi Blockchain game projectとして2019年1月のリリースが予定されております。

自社開発によるオフチェーン技術を用いることにより、ローコストに複数のブロックチェーンプラットフォームへの対応を予定しており、今回TRONへの対応を行う方針を決定致しました。

TRONへと接続をすることにより、TRONの持つ最先端ブロックチェーン技術とEthereum blockchain game の約20倍のコミュニティへのリーチが可能になり、既存のDAppsよりも遥かに大きなマーケットへの訴求が可能となります。

現在Ethereumベースのブロックチェーンゲームのマーケットはまだまだ成長の余地がありますがTRONとは20倍以上の市場規模の開きがある状態です。
また、各種施策・マーケティングを含めTRON プラットフォームと密に連絡を取り展開を進めていまいります。

具体的な開発の詳細につきましては、随時発表して参ります。


また、ユーザーへの還元としまして、特定の条件を満たしたプレイヤーにTRONの配布を行う予定ともなっております。

クリプトダービーは「稼げるゲーム」をコンセプトとしたプロダクトであり、今回のブロックチェーンノードとして得られる報酬も大会参加賞金などの形でユーザーへ還元し、さらに「次世代の稼げるゲーム」を目指す想定です。


CryptoDerbyについて
CryptoDerbyは「稼げるゲーム」をコンセプトに作っている、日本発の次世代ブロックチェーンゲームです。

ブロックチェーンを使うことにより、競走馬のパラメータだけではなく、競馬場やレース、その他の資産も扱うことを可能にした全く新しいタイプのゲームです。
各種ブロックチェーンゲームのビジネスは活性化しており、その中でのトップランカーとなるべく開発を進めています。
Crypto Derbyの特徴
既存のブロックチェーンゲームの問題点である

●ユーザーが少ない
●ウォレットアプリが必要
●お金稼ぎが単純
●動作が遅い
●世界的な法律が異なる
●グラフィックスのクオリティが低い
●ゲームがそもそもつまらない
これらをすべて解決するために

●ユーザー数を広くとったプロダクト
●ウォレットアプリ不要
●稼ぐ仕組みの多様化
●早いリアクション, UX
●国ごとの法規制対応
●3D HiGH QUALITY GRAPHICS
●面白いゲーム!

を目指して開発を続けております。
また、Ethereumを始めとして、複数のブロックチェーンへと対応する「マルチチェーン」もコンセプトとして掲げております。

各種講演会、イベントでも好評を博しており、2018/10月末には プリセールを開催、2018/12月にはベータ版、そして2019/1月に正式リリースを目指しております。

https://cryptoder.by/

twitter, line@などでの情報も適宜公開中です。