株式会社プラチナエッグ、株式会社LILITHとパートナーシップ提携を発表

株式会社プラチナエッグ

株式会社プラチナエッグ

2019年02月22日 12:00

株式会社プラチナエッグ(本社:東京都文京区、代表取締役:竹村也哉)は、株式会社LILITH(本社 広島市中区、代表取締役:宮崎聖史)と、DApps ゲームの開発およびマーケティングについてパートナーシップを結ぶことについて、2019年2月22日、合意いたしました。






株式会社プラチナエッグの CryptoDerby ( https://cryptoder.by/ ) はDApps2.0を目指し、グラフィック、トランザクション速度、ユーザー体験などについて今までのDAppsとは一線を画するブロックチェーン競走馬トレーディングゲームとして開発が進められており、2019年初頭にリリース致しました。

・株式会社LILITH (LILITHcoin)について
プロジェクトは将来的にVR(仮想現実)×LILITHコイン(仮想通貨/トークン)を組み合わせることにより、使用者への収益性を生む事を目的として誕生しました。
LILITHcoin公式Discordを中心に活動しておりLILITHcoin、公式キャラクターを様々な場所でコラボを実施しております。
今後もVR関連、DApps関連での実用化を計画中。

******************************

具体的なパートナーシップの詳細については随時発表して参ります。

・CryptoDerbyについて
CryptoDerbyは「競馬ワールドのすべてをあなたの手に」をコンセプトに開発されている、日本発の次世代ブロックチェーンゲームです。

ブロックチェーンを使うことにより、競走馬のパラメータだけではなく、競馬場やレース、その他の資産も扱うことを可能にした全く新しいタイプのゲームです。
各種ブロックチェーンゲームのビジネスは活性化しており、その中でのトップランカーとなるべく開発を進めております。
Crypto Derbyの特徴
既存のブロックチェーンゲームの問題点である

●ユーザーが少ない
●ウォレットアプリが必要
●お金稼ぎが単純
●動作が遅い
●世界的な法律が異なる
●グラフィックスのクオリティが低い
●ゲームがそもそもつまらない
これらをすべて解決するために

●ユーザー数を広くとったプロダクト
●ウォレットアプリ不要
●稼ぐ仕組みの多様化
●早いリアクション, UX
●国ごとの法規制対応
●3D HiGH QUALITY GRAPHICS
●面白いゲーム!

を目指して開発を続けております。

http://cryptoder.by/

twitter, line@などでの情報も適宜公開中です。