次世代ドローンエキスパート人材育成を目的にROBOZが小学生からジュニアパイロット養成スクール「ドローン塾」を4月より全国初で定期開講!

株式会社ROBOZ

株式会社ROBOZ

2019年03月13日 15:00

近年急ピッチに整備されつつあるドローン業界、ホビーの域を超えていろんな用途で活躍の場が急激に増えております。そんな時代背景を元に数多くの産業用ドローンパイロット育成を行ってきたROBOZが、次世代のドローンエキスパート人材を育てる「ジュニアドローンパイロット養成スクール「ドローン塾」を全国初開催します。
ジュニアコースカリキュラムはジュニアドローンパイロット育成コース、ジュニアドローンレーサー育成コース、をメインにマルチコプターパイロット人材育成を目指し毎週開催します。



会場となる株式会社ROBOZは屋内60坪、屋外1500坪のドローン専用飛行場をはじめとして、50インチモニター付き20人受講可能な教室、ドローンショップを有する一大ドローンエンターテイメント場であります。



1、ジュニアドローンパイロット育成コース(定員20名)
小3~高3
月謝8,000円
毎週水曜日19時~20時30分
目的
産業用ドローンを使用して本格的ドローンパイロットを目指すジュニアコース。国土交通省航空局全国包括許認可取得及び日本マルチコプター協会認定マルチコプターパイロット資格取得を目指す。
内容
航空法座学、安全運航講習、ドローン操作訓練、空撮機を用いた空撮訓練、空撮動画・画像をPCを用いて編集訓練、ROBOZ業務に同行し実習訓練等。

2、ジュニアドローンレーサー育成コース(定員15名)
小3~高3
毎週木曜日19時~20時30分
月謝8,000円
目的
近年世界的にも急速に広がる次世代スポーツ「ドローンレース」、FPV操法をマスターし、日本マルチコプター協会認定プロレーサーを目指す。ドローン製作も必要になるため、製作スペシャリスト養成も行います。
※コース期間中にアマチュア無線4級免許取得(国家資格)が必要
内容
航空法座学、安全運航講習、無線学、35g以下のTINYドローン製作訓練、パソコンを使用してドローンフライト設定訓練、目視によるドローン操縦訓練、FPV(一人称視点)によるドローン操縦訓練(アマチュア免許取得後生徒のみ)



講師紹介
石田宏樹
株式会社ROBOZ代表取締役
一般社団法人日本マルチコプター協会理事
DJIスペシャリスト
産業用マルチコプタープロパイロット、プロドローンレーサーとしてパイロット養成スクールやドローンレースを主催、数多くのパイロットを育成している。

長屋伸
ROBOZ認定産業用マルチコプターパイロット
JUIDA認定講師
ドローンスクールの認定講師としてパイロット育成のベテラン。自身もドローンレーサーとして数多くのレース大会に傘下。第6回Tiny Drone Race『ROBOZ Champion League HEAT6』優勝。



株式会社ROBOZ(ロボッツ)概要
http://www.roboz.co.jp
岐阜県郡上市美並町上田1593
代表取締役 石田宏樹
2017年10月設立
ドローンパイロット養成スクール運営、ドローン販売、ドローンイベント等主催、ドローン専用飛行場「156DRONE STATION」運営、等々。
2017年岐阜県産業経済振興センター事業可能性評価「A評価」受賞





配信元企業:株式会社ROBOZ
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ