トリプルアイズ社、第115回職域団体対抗将棋大会E級にて優勝

株式会社トリプルアイズ

株式会社トリプルアイズ

2019年04月16日 13:00



株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智、資本金:3億7千万円[資本準備金を含む])の将棋部は、4月14日(日)に東京都足立区「東京武道館」にて開催された「内閣総理大臣杯 第115回職域団体対抗将棋大会」(主催:日本将棋連盟 後援:朝日新聞社 東京都教育委員会)におきまして、Eクラスで出場し、見事、優勝を果たしました。次回はDクラスでも優勝を目指します。

■メンバーのコメント

H氏「S級で弊社の社員が頑張ってくれているので、私たちも負けていられない。そんな気持ちで挑みました。その甲斐あってか、決勝ではリクルートホールディングス様との対局で、3-2で勝利した際の勝ち星に入る事が出来ました。次回はDクラスでの出場ですが、次回も優勝を目指します。」

I氏「自分の出せる限りの力を出すという目標で、本大会に挑みました。自信はあまりなかったのですが、勝ち星を重ねる事が出来ました。次回までに力をつけて、Dクラスでは全勝できるよう、精進します。」

A氏「転職後、初めての大会でした。少しでもチームに貢献する気持ちで本大会に挑みました。私が負けたらチームが敗退という所で勝利でき、大きな自信となりました。現在は、今まで続けてきた振り飛車を捨て、居飛車に挑戦中です。次の職団戦までに居飛車をものにしたいと思います。」



配信元企業:株式会社トリプルアイズ
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ