大阪いずみ市民生協の2018年度決算報告と第45回通常総代会の開催をご案内します。

大阪いずみ市民生活協同組合

大阪いずみ市民生活協同組合

2019年06月07日 14:00

2018年度は、総事業高930億円(前年比101.5%)、経常剰余金37.5億円(前年比94.2%)で、増収となりました。

●宅配事業
573.0億円(前年比100.8%)
コープきんき事業連合と連携し、カタログが手元になくても注文できるアプリ「ニコリエ」を開発しました。常温商品を取り扱うあゆみ野物流センターの集品ラインを増設しました。
●店舗事業
230.1億円(前年比100.3%)
1店舗閉店、1店舗リニューアルしました。「毎日繰り返し来店される方に、豊かで楽しい食生活を提案する」お店づくりをすすめました。
2005年から経営構造改革を実施し、1.4億円の経常黒字を実現しました。
●サービス事業
35.8億円(前年比94.3%)
訪問型サービスとして、コープの補聴器事業を開始しました。
●エネルギー・通信事業
43.3億円(前年比126.1%)
「コープでんき」の契約者数は3.9万件となりました。
「コープガス(都市ガス)」の取次事業は1.7万件を超える実績となりました。
●夕食宅配事業
12.5億円(前年比104.6%)
一日当たりの提供食数は8,590食(前年比105.1%)となりました。
●保障事業
受託共済事業収入7.3億円(前年比99.1%)、
保険代理事業収入1.2億円(前年比107.5%)となりました。
●太陽光発電
5.1億円(前年比91.4%)
総売電量は、1,392万kWhとなりました。
●福祉事業
高齢者福祉事業収入13.2億円(前年比105.0%)、
地域子育て支援事業収入0.3億円(前年比112.4%)となりました。



第45回通常総代会の開催概要
■日時   2019年 6月11日(火)午前10時より
■場所   ホテル・アゴーラリージェンシー堺 4階 ロイヤルホール
■主な出席者 組合員代表(総代)・行政・お取引先など 約800名
■主な議案  (1)2018年度 活動報告・決算報告・剰余金処分案承認の件
       (2)2019年度 活動方針・事業計画・予算および役員報酬決定の件
       (3)役員選任の件など

※総代会とは
 組合員の代表(総代)が一堂に会して生協の活動のまとめ、方針、事業計画、剰余金処分などを決める生協の最高の決定機関です。
 2018年度の事業・諸活動、決算報告、2019年度のすすめ方、役員選任などについて議案提案いたします。
 取材を希望される方は、事前に広報担当までお知らせください。



配信元企業:大阪いずみ市民生活協同組合
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ

  • 2019年06月07日 14:00
  • 飲食