米中対立構図のなかで日本はどう生き抜くべきなのか?両国首脳の思惑から「ファーウェイ問題」の本質まで、独自の視線で鋭く分析!!「米中対立」のはざまで沈む日本の国難 アメリカが中国を倒せない5つの理由

株式会社ビジネス社

株式会社ビジネス社

2019年07月18日 10:00

株式会社ビジネス社(東京都新宿区 代表取締役:唐津隆)は、新刊書籍『「米中対立」のはざまで沈む日本の国難 アメリカが中国を倒せない5つの理由』を2019年6月19日に発売いたしました。ぜひ、貴メディアにてご紹介いただけますと幸いです。

◆発売たちまちベストセラー第1位となった、
今後の米中関係を鋭く読み解く必読書!

TBS系「ひるおび!」、朝日放送系「教えて! ニュースライブ 正義のミカタ」をはじめ、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌でおなじみのNo.1チャイナウォッチャーである著者が、21世紀最大の外交、安全保障問題である米中対立構図の本質をデータ、ロジック、そしてファクトで解き明かしたのが本書です。
ファーウェイはなぜ、倒れないのか。習近平国家主席はいま、何を考えているのか。トランプ大統領の新目的は何なのか。そして、この激動の国際環境のなかで、日本はどういう生き延びていくべきなのか。メディアで流れる「トランプvs.習近平」構図だけでは絶対に見えない、報復の応酬の先にある両大国の真の目的、そして日本の進む道を徹底解説していきます。
大阪G20での手打ちを見事に予測。おかげさまで発売たちまちベストセラー第1位を記録しました(紀伊國屋書店ノンフィクション梅田本店・笹塚店・福井店<6/21>、玉川高島屋店<6/25>)。「中国崩壊論」に疑問を持つ方、近くて遠い隣国の真実を知りたい方、そして日本の行く末を見極めたいすべての方に送る、骨太の中国論です。



<本書の内容>
第1章 自信の回復 ~トラブルを解決できない愚かな国から脱却~
第2章 消費者の選択 ~世界中が陥った過度な“中国シフト”~
第3章 技術の内製化 ~「中国製造2025」の先にあるもの~
第4章 外交の転換 ~習近平の“語録"から消えた「核心的利益」~
第5章 利害の複雑化 ~分裂するアメリカの思惑と中国の最終ライン~

富坂聰(とみさか さとし)
1964年愛知県生まれ。北京大学中文系に留学した後、週刊誌記者などを経てフリージャーナリストに。94年『「龍の伝人」たち』(小学館)で、21世紀国際ノンフィクション大賞(現・小学館ノンフィクション大賞)優秀賞を受賞。新聞・雑誌への執筆、テレビコメンテーターとしても活躍。2014年より拓殖大学海外事情研究所教授。『中国がいつまでたっても崩壊しない7つの理由』(ビジネス社)、『トランプVS習近平 そして激変を勝ち抜く日本』『風水師が喰い尽くす中国共産党』(以上、KADOKAWA)、『中国は腹の底で日本をどう思っているのか』(PHP研究所)、『平成海防論』(文藝春秋)など著書多数。

(著者)富坂聰
(価格)1400円+税
〈発売日〉2019年6月19日
〈出版元〉ビジネス社





配信元企業:株式会社ビジネス社
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ