富士通アイ・ネットワークシステムズが 工場のスマート化を見据えて工程のリアルタイム可視化を実現 ~工場内のアンドンを「MotionBoard」を活用してデジタル化~

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社

2019年07月25日 11:00

ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、ルーターやスイッチ、電力会社向けのスマートメーター用通信ユニットなどを提供する富士通アイ・ネットワークシステムズ株式会社(以下、富士通アイ・ネットワークシステムズ)が、「MotionBoard」を採用し、工場のスマート化を見据えて工程のリアルタイム可視化を実現したことを本日お知らせします。

【富士通アイ・ネットワークシステムズ株式会社について】
 富士通アイ・ネットワークシステムズは、山梨県南アルプス市に本社と主力工場を構え、ルーターやスイッチ、電力会社向けのスマートメーター用通信ユニットなどの製造を担う、富士通グループにおけるネットワークプロダクトの生産拠点です。近年では、国内・海外の各種ネットワーク製品への出荷保証やお客様ごとのカスタマイズのニーズに応えるマルチベンダーハブ&サービス(MVHS)を提供するなど、モノとコト(サービス)を融合したソリューションプロバイダーとして事業を展開しています。

【背景】
 富士通アイ・ネットワークシステムズが目指しているのはスマートファクトリー化です。そのためには、工場内の様々な製造装置、生産管理システム、各種センサー、製造実行システム(MES)などをデジタルでつなぎ、生産活動の自動化・自律化、サプライチェーンの統合などを実現する必要がありました。生産ラインに起こっている異常や様々な問題を、これまで人手に依存してきた工程を広範な情報をリアルタイムに可視化していくことが第一の基本方針となりました。その仕組みをどう実現するか検討していたところ、ウイングアークの展示会で、マウンタ(プリント基板へのパーツの実装機)の信号を「MotionBoard」で可視化した事例やデモを体感し、作りたいと思っていたイメージと非常に近いことから「MotionBoard」の導入を決定しました。

【導入効果】
 富士通アイ・ネットワークシステムズが取り組んでいる工場のスマート化の取り組みのひとつである「リアルタイム可視化」は、生産ラインの可視化のみでなく部品の受入検査など、工場内の生産現場で適応されています。

<部品の受入検査における可視化>
富士通アイ・ネットワークシステムズがサプライヤー各社から調達している約6,000種の電子部品や機構部品を、着荷から荷捌き、検査、入庫までの一連の作業を「MotionBoard」で可視化しました。
基幹系の購買システムで管理されている着荷予定データのほか、PCで管理している作業計画、作業現場のハンディターミナルから収集した実績などのデータを、部品間接検査システムに直接投入し、常に鮮度の高い着荷予定データを基に作業計画を立てるとともに、その作業の進捗状況を厳密に管理できるようになりました。
これにより、常時3名を配置していた受入検査の体制を、2名の配置に変更できました。また、この作業には30~60分程度の時間がかかりますが、現在はほぼ自動的に最新データが「MotionBoard」に反映されるため、準備に手間がかからず、担当者の残業をなくすことができました。

<スマートメーター用通信ユニットの組み立てラインにおける可視化>
スマートメーター用通信ユニット組立ライン全体を俯瞰した可視化に「MotionBoard」を活用しています。今までは、同ラインでの生産管理は、ほとんどが紙の台帳を起点として行われていましたが、ライン全体をリアルタイムに可視化するダッシュボードやライン別に単位時間帯ごとや日ごとの出来高推移を可視化するダッシュボードなど、生産活動における様々なKPIをリアルタイムに可視化する機能を実装しました。従来は製造装置に異常が発生した場合は、監視モニターにその装置の番号でしか表示されませんでしたが、「MotionBoard」のダッシュボードでは、マップ上に場所を示すことができるため、ラインのリーダーからも「よりスムーズに迅速に現場に駆けつけられるようになった」という声が寄せられています。

【今後について】
富士通アイ・ネットワークシステムズは部品受入検査やスマートメーター用通信ユニット組立ラインに続き「MotionBoard」をベースとした可視化システムの横展開を進めていく予定です。
生産計画数に対する実績数、各装置の稼働状況、作業の進捗状況、工場経営の意思決定で不可欠なKPI の推移など、あらゆる階層のニーズに応えるデータの可視化を通じて、デジタルで全体最適化された工場のスマート化を推進していく計画です。

■事例紹介
http://www.wingarc.com/product/usecase/detail.php?id=254



<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.com

※ウイングアークのFacebookページ
ユーザー事例・製品情報・イベントなどウイングアークの最新情報をお届けしています。
http://www.facebook.com/wingarc
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。






配信元企業:ウイングアーク1st株式会社
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ

  • 2019年07月25日 11:00
  • IT