HyperX、東京ゲームショウでAlloy Originsメカニカルキーボードを発表

Kingston Technology Company

Kingston Technology Company

2019年09月12日 16:30

HyperX初の自社設計のメカニカルキースイッチ
HyperX初となる日本語配列メカニカルキーボード
Amazonでの限定プレオーダー受付中



東京、2019年9月12日 -- Kingston Technologyのゲーミング部門であるHyperX(R)は本日、東京ゲームショウでAlloy Originsメカニカルキーボードを発表しました。日本のゲーマーのニーズを念頭に置いた最新のメカニカルキーボードには、HyperX初となる自社設計のレッドスイッチを搭載し、日本語配列を採用しました。日本語バージョンのAlloy Originsは、Amazon Japanで限定プレオーダー受付中です。



HyperX Alloyキーボードは、耐久性と信頼性で定評があり、頑丈なフレームと高品質なスイッチを採用しています。さらなる改良を加えるため、HyperXは初のHyperXレッドキースイッチを開発し、新しいAlloy Originsキーボードに採用しました。45gの作動力、1.8mmのアクチュエーションポイント、3.8mmのキーストロークが特徴で、最高レベルの応答時間を求めるゲーマーに最適です。最大8,000万回の打鍵耐久性があるHyperXキースイッチは、熾烈な戦いの間も安定してゲームをプレイできる抜群の耐久性を誇ります。

Alloy Originsはフルサイズのメカニカルゲーミングキーボードであり、FPSゲームでデスクトップスペースを広く活用できる省スペース設計です。最大3つのカスタムライティングプロフィールに対応し、オンボードメモリに直接保存できるため、外出先で設定を呼び出すことも、マクロ設定を行うこともできます。Alloy Originsのキースイッチ上のLEDがダイナミックなライティングを実現。より明るく鮮やかなRGBライティングを提供します。最新バージョンのHyperX NGenuityソフトウェアを使用してライト効果をカスタマイズでき、キーごとにRGBを制御できます。直感的に操作できるユーザーフレンドリーなインターフェイスデザインです。



HyperX Alloy Origins日本語バージョンは、東京ゲームショウのHyperXブースで展示されます。また、Amazon Japanで¥15,800で限定プレオーダー受付中です。
Amazon.co.jpプレオーダーページ:https://hyperx.gg/2krOAtd

HyperXについて
HyperXはKingston Technologyの事業部の一つで、メモリ製品の世界最大独立メーカーであり、ゲーマー、PCビルダー、パワーユーザーに高性能コンポーネントを提供することを目指しています。HyperXでは、16年間に渡ってゲーマー向けのゲーミング製品を開発することをミッションに掲げ、高速メモリ、ソリッドステートドライブ、ヘッドセット、キーボード、マウス、USBフラッシュドライブ、マウスパッドをゲーミングコミュニティの枠を超えて提供してきました。定評あるHyperXブランドは、飛び抜けた使いやすさ、美しさ、パフォーマンス、信頼性を実現した製品を一貫して提供することにより、リーダーボードのトップにその名前が刻まれています。最も厳密な製品仕様を満たし、クラス最高のコンポーネントによって構築されていることから、HyperXの周辺機器は世界中のプロゲーマー、テクノロジー愛好家、オーバークロック愛好家によって選ばれています。HyperXは世界中で500万個以上のヘッドセットを出荷しています。
スキルレベルやゲームのジャンルを問わず、あらゆる場所のすべてのゲーム愛好家に、当社のブランドスローガンである「We’re All Gamers」の理念をお届けします。

Twitter:https://twitter.com/hyperxjapan
YouTube:http://www.youtube.com/hyperx
Facebook:https://www.facebook.com/hyperxapac

KingstonおよびKingstonのロゴ、HyperXはKingston Technology Corporationの登録商標です。権利はすべて留保されています。その他の商標はすべてそれぞれの権利所有者に帰属します。



配信元企業:Kingston Technology Company
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ

  • 2019年09月12日 16:30
  • IT