厚生労働省が各地方公共団体を通じて行う令和元年「国民健康・栄養調査」に、A&D製の水銀レス血圧計が使用されます。

株式会社エー・アンド・デイ

株式会社エー・アンド・デイ

2019年09月18日 10:00

株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、代表取締役執行役員社長:森島 泰信)が製造・販売する水銀レス血圧計「スワンハート UM-102/UM-102B」が、厚生労働省が各地方公共団体を通じて行う令和元年「国民健康・栄養調査」において使用されます。
水銀レス血圧計「スワンハート UM-102/UM-102B」は水銀を使用していない電子式血圧計で、2014年5月に発売以来、国内海外を含めて約6万台を販売しています。

【1.国民健康・栄養調査】(厚生労働省のホームページより)

国民の身体の状況、栄養摂取量及び生活習慣の状況を明らかにし、国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基礎資料を得ることを目的として、毎年実施するものとする。

【2.国民健康・栄養調査に使用する血圧計の要件】

厚生労働省では下記4要件を示しています。
 (1)測定方式:聴診法であること
 (2)加圧方式:送気球による手動加圧であること
 (3)表示方式:バー表示であること
 (4)管理医療機器または特定保守管理医療機器に分類されていること

A&D製の水銀レス血圧計「スワンハート UM-102/UM-102B」は、上記(1)~(4)をすべて満たすことから、令和元年「国民健康・栄養調査」に使用していただくことになりました。

【3.国民健康・栄養調査の開始日】

2019年11月1日

【4.水銀レス血圧計が求められる背景】

2013年10月に国際連合で「水銀に関する水俣条約」が採択され、2020年までに血圧計を含む水銀添加製品の製造と輸出入が原則禁止されます。
これは、水銀による地球環境汚染や健康被害が注目され、国際的に水銀の使用を管理することが求められてきたことによります。

【5.水銀レス血圧計「スワンハート UM-102/UM-102B」の主な特長】

https://www.aandd.co.jp/adhome/products/me/um102.html
こちらから、「脱水銀血圧計ご案内動画」をご覧いただくことができます。

・水銀を使用していない電子血圧計
・環境にやさしく、廃棄の際に困りません
・水銀づまりの心配がなく、取り扱いが簡単でメンテナンスも不要
・水銀式に近い、なめらかな動きのバー表示
・メモしたいポイントを残せるホールド機能
・測定中の圧力値を数字で表示
・脈拍数を自動的に測定し、測定後に表示
・感染防止のため、消毒液による拭き取りが可能
・単3アルカリ乾電池2本で約2,000回測定可能
・見やすい大型デジタル表示

標準価格:¥15,000(税抜)
認証番号:226AHBZX00004000


<会社概要>
会社名  :株式会社エー・アンド・デイ
本店所在地:〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-23-14
代表者  :代表取締役執行役員社長 森島 泰信
設立   :1977年5月
資本金  :6,388百万円
市場情報 :東証1部 7745
事業内容 :電子計測器、産業用重量計、電子天びん、医療用電子機器、試験機、工業計測機器、
      その他電子応用機器の研究開発・製造・販売

<本リリースPDF>
https://www.aandd.co.jp/adhome/whatsnew/2019/0918_um102/newsrelease_20190918_um102.pdf

<画像URL>
https://www.aandd.co.jp/adhome/whatsnew/2019/0918_um102/um102_01.jpg
https://www.aandd.co.jp/adhome/whatsnew/2019/0918_um102/um102_02.jpg
https://www.aandd.co.jp/adhome/whatsnew/2019/0918_um102/um102_03.jpg                        

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社エー・アンド・デイ
TEL:03-5391-6120  メディカル事業推進部 梅田 宗紀
  (取材・問い合わせ専用です。広告営業はお控えください)
https://www.aandd.co.jp







配信元企業:株式会社エー・アンド・デイ
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ

  • 2019年09月18日 10:00
  • 医療