相次ぐマンション構造スリットの施工不良にSOS相談窓口を9月17日に開設

株式会社さくら事務所

株式会社さくら事務所

2019年09月19日 09:00



今年6月、相次ぐマンションの構造スリットの未設置・施工不良の問題を受け、国土交通大臣が実態調査に乗り出すことを明らかにしました。そもそも「構造スリット」とは、構造計算をする上で、柱、梁、床を重視して構造上重要でない壁にはスリット(すき間)を設けることで、地震発生時に水平方向の揺れに対し、構造上重要な梁や柱に対する損傷を防ぐためのものです。本来あるべき箇所に適切に設置されていないと、想定外の壊れ方をするなど、建物への被害が大きくなります。

業界初の個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)とマンション管理組合向けコンサルティングを行う "不動産の達人 株式会社さくら事務所"(東京都渋谷区/代表:大西倫加)ではこれまでにも多くのマンション管理組合さま、一棟マンションオーナーさまからご相談をいただいてきましたが、今月17日、新たに構造スリットのお悩みにおこたえする特設ページを開設しました。

「大規模修繕工事の途中で施工不良が発覚した」「構造スリットの施工不良から外壁タイルの落下にまで及んだ」等の実際に当社でコンサルティングを行い解決までサポートした事例をはじめ、当社の瑕疵調査・コンサルティングの特徴、無償補修の活用のすすめについてまで解説しています。くわしい情報や取材をご希望の方はお気軽にお問合せください。

さくら事務所のマンション瑕疵調査・コンサルティングの4つの特徴
1.住みながら工事、全戸退去、分譲会社による住戸の買い取りまで、豊富な解決実績があります

2.風評被害による資産価値の影響を考え、売買・賃貸の際、補修履歴や現状をきちんと説明し、理解してもらうための対策までサポートします

3.補修方法については、更なる第三者(例:一般社団法人 建築研究振興協会)に評定を依頼も可能
  学識者のセカンドオピニオンも得られます

4.建築士とマンション管理士がチームをつくり、調査は建築士が、解決までのコーディネートをマンション管理士が行うのでワンストップで解決します

【サービス料金・サービス利用の流れ】
現状をお伺いし、調査・コンサルティング方法をご提案の上、お見積りいたします。
また、お申し込み前に理事会に出席してサービス内容のご説明・カウンセリングを行ないます。
(1回まで無料 ※東京近郊以外の場合には別途交通費がかかります)

構造スリット相談窓口ページはこちら
https://www.s-mankan.com/campaign/slit



■不動産の達人 株式会社さくら事務所■ (東京都渋谷区/代表取締役社長:大西倫加)
https://www.sakurajimusyo.com/
株式会社さくら事務所は「人と不動産のより幸せな関係を追求し、豊かで美しい社会を次世代に手渡すこと」を理念として活動する、業界初の個人向け総合不動産コンサルティング企業です。1999年、不動産コンサルタント長嶋修が設立。第三者性を堅持した立場から、利害にとらわれない住宅診断(ホームインスペクション)やマンション管理組合向けコンサルティング、不動産購入に関する様々なアドバイスを行なう「不動産の達人サービス」を提供、約45,800組超の実績を持っています。





配信元企業:株式会社さくら事務所
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ