持ち運びしやすい二つ折りクリップボード 折り目がフラットで書き心地滑らか 「おりたためるクリップボード+ A3・A4サイズ」 新発売

プラス株式会社

プラス株式会社

2019年09月19日 13:00



プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉公二)は、折りたたむと半分のサイズになって持ち運びしやすい「おりたためるクリップボード+(プラス) A3・A4サイズ」を2019年9月26日から発売します。

大きな図面を使う建設現場や店頭での検品、街頭調査、病院や学校現場、不動産の内見など、書類の書き込みや閲覧、携帯に欠かせないのがクリップボードです。しかし既存のクリップボードでは、「普段使っているバッグに入れるには大きくて持ち運びが大変」という声が多く聞かれていました。

今回発売する「おりたためるクリップボード+」は、折りたたむと半分のサイズになるので、バッグに入れやすく手軽に持ち歩くことができます。A3サイズはA4サイズに折りたため、図面などの大きな書類を扱う際でもビジネスバッグにスマートに収まります。またA4のボードは、小ぶりのトートバッグなどにもすっきり入るA5の手帳サイズになり、外出時でもかさばりません。

広げた時は折り目部分もフラットになる構造で、凹凸がなく滑らかな書き心地を実現。さらに、四隅にひもをかけるホールが付いているので※、ハンズフリーで使うことができ、立ちながらでも楽に筆記できます。

カラーはダークグレー、ホワイト、レッドの全3色。メーカー希望小売価格(税抜)は、A3サイズが880円、A4サイズが500円です。
※ひもは付属していません。



≪主な製品特長≫
■使う時だけ大きく使えて持ち運びらくらく
折りたたみできるので、使う時だけ大きく使えて、収納しやすく持ち運びに便利です。また、折りたたむことにより、資料の内容を隠せるメリットもあります。

◇A3サイズ・・・折りたたむと、ビジネスバッグやリュックに入れるのに適したA4のコピー用紙サイズに。A3サイズの図面が必須の建築現場などにおすすめです。

◇A4サイズ・・・折りたためば、女性が持つ小さ目のバッグに入れても邪魔にならないコンパクトな手帳サイズ(A5)に。外出先での使用や立ち仕事などに役立ちます。



■折り目がフラットだから滑らかな書き心地
中央の折り目部分がフラットになるため、凸凹による書きにくさがなく、滑らかな書き心地を実現しています。

■使用中や移動中もハンズフリーに
四隅にひもをかけるホールがあり※、使用中も移動中もハンズフリーで使うことができます。両手が空いているので作業もスムーズです。
※ひもは付属していません。

■軽量で緩衝特性に優れた上質な発泡ポリプロピレン
素材は、軽くて丈夫な発泡ポリプロピレン製。汚れにくく屋外でのハードな使用にも適しています。

■オフィスのインテリア空間に馴染むダークグレー、ホワイト、レッドの3色をご用意
男女共に扱いやすい、落ち着いたカラー展開。オフィスの雰囲気や職種、外出先などのシーンに合う3色展開です。




【製品名】
「A4サイズにおりたためるA3クリップボード+」
「A5サイズにおりたためるA4クリップボード+」

【発売日】
2019年9月26日

【カラー】
ダークグレー、ホワイト、レッド

【材 質】
発泡ポリプロピレン

【販売ルート】
全国の文具店、量販店、専門店、オフィス通販、インターネット通販など

【仕様・価格】
[品名(1)]
A4サイズにおりたためるA3クリップボード+
[規格]
A3/A4
[外形寸法W×H(mm)]
460×340
[折りたたみ時寸法W×H×D(mm)]
255×18×340
[質量(g)]
424
[品番]
FL-501CP
[価格(税抜)]
880円

[品名(2)]
A5サイズにおりたためるA4クリップボード+
[規格]
A4/A5
[外形寸法W×H(mm)]
230×328
[折りたたみ時寸法W×H×D(mm)]
184×18×230
[質量(g)]
205
[品番]
FL-502CP
[価格(税抜)]
500円

*本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
<お問い合わせ先>
(報道関係)  
プラス株式会社 コーポレート本部 広報・宣伝室 藤原
〒105-0001 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F
TEL:03-5860-7012  FAX:03-5860-7070
広報事務局  TEL:03-5251-4779  FAX:03-3504-8651

(お客様)
プラスお問い合わせセンター  TEL:0120-000-007
受付時間 平日 9:00~12:00 / 13:00~17:30








配信元企業:プラス株式会社
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ