さくら事務所主催 マンション管理組合向けセミナー 立地だけじゃない!知らないと怖いマンションタイプ別災害リスク

株式会社さくら事務所

株式会社さくら事務所

2020年01月08日 14:00



業界初の個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)、マンション管理組合向けコンサルティングを行う “不動産の達人 株式会社さくら事務所”(東京都渋谷区/社長:大西倫加)では、2月5日(水)にマンション管理組合向け「防災対策セミナー」を開催いたします。

記憶にも新しい昨年の台風被害。マンションの一部の脆弱性が大きな話題となりました。災害用品の備蓄や消防点検など、地震や火災への対策はしっかり取っていても水害については何もしていなかったというマンションも多いでしょう。

災害リスクのある場所で分譲されたマンションもその対策が十分に取られているとは限りません。防災の備えには、まずはマンションのリスクを把握することが重要ですが、そもそもお住まいのマンションのリスクを把握されていない方も。

また、タワーマンションは歴史も浅く、災害時にどんな事態に陥るかわかりません。建物に大きな被害がなくとも、インフラが被害に遭えばその後しばらく不便な生活を強いられるでしょう。その被害を最低限に抑えるための備えも肝心です。

中小規模マンションでは災害時に報知器が誤作動しても、管理人が常駐でないため、不在の場合は管理室に入れず止めることもできない・・などなど、マンションによってもリスクや対策は異なります。

多くのマンションがいまだ無防備なままですが、来たる次なる災害に、防災対策を改めているマンションもあります。

本セミナーでは、さくら事務所のマンション管理コンサルタントが、被害を最小限に抑えるための防災対策を初歩から解説します。

来期こそ防災対策を見直したいとお考えの理事さん、総会前にぜひご参加ください。

セミナー概要
【開催日時】2月5日(水) 18:30~20:00 ※18:15受付開始
【会場】新宿駅近郊 ※お申込みの方にご案内します
【定員】 30名
【参加費】メルマガ登録で無料!
【講師】さくら事務所マンション管理コンサルタント/マンション管理組合向けサービス部門責任者
土屋 輝之(つちや てるゆき)
【当日お話する内容】
・ハザードマップだけじゃない!水害リスクの確認の仕方
・災害時、マンションの防災設備はどうなる?何が起こる?
・徹底活用!マンション防災の助成金について
・立地だけじゃない!マンションタイプ別リスクとその対策
【こんな方におすすめ】
・マンションの防災対策を見直したいという方
・マンションの理事や、防災委員の方
・築年数が浅く、防災対策を見直したことがないという方
・他のマンションでどんな防災対策をしているか知りたいという方

くわしくはこちら・・・https://www.s-mankan.com/seminar/200205/

【本件に関する報道関係のお問い合わせ先】
株式会社 さくら事務所 マーケティング・コミュニケーション部:川崎
TEL 03-6455-0726  FAX 03-6455-0022  press@sakurajimusyo.com



配信元企業:株式会社さくら事務所
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ