設立20周年に向かってオーエスプラスeが原点回帰 OS SCREENブランド復活!

株式会社オーエス

株式会社オーエス

2020年02月27日 13:00

株式会社オーエスプラスe(本社:東京、代表:奥村正之)は市場の変化に対応し、民生品スクリーンの領域においてOS SCREENブランドを復活させることを決定しました。ハイエンドなプロフェッショナル、マニアに納得いただける高品質のスクリーンをOS SCREENとして展開いたします。

オーエスグループは1953年にスクリーンメーカーとして創業し66年を経た現在はスクリーンメーカーから総合AI(AV&IT)システム企業グループに進化を続けています。
民生用のスクリーンにおいては2000年にオーエスプラスe(旧社名・株式会社ホームシアター)を設立し、以降20年にわたり日本のホームシアターの歴史とともに歩んでまいりました。
OS SCREENブランドは設立当時からスクリーンメーカーの証として展開してきたブランドです。しかしながら、事業領域が広がる中で製品がスクリーン以外の製品やサービスに拡大する流れがあり2011年以降すべての製品をOSブランドに統一して展開してまいりました。

2020年にオーエスプラスeは20周年を迎えます。節目のあたり、あらためてプロジェクターの性能をそのまま表現するというスクリーンの原点を見つめなおします
2018年12月から始まった4K8K放送の開始とともに映像に関わる環境は大きな変化がありました。4Kという言葉が一般的になり、高精細な大画面は身近なものになってきました。市場からはHDRなど新しいスタンダードも生まれつつあり、今後はさらなる高精細な映像が求められる時代になりつつあります。
そして、2020年は国際的なスポーツイベントを控えております。一人でも多くの方に、スタジアムや試合場にいるような臨場感を高精細な大画面を通じて伝わる体験をご提供いたします。

OS SCREENはオーエスプラスeの製品群の中でもオーエスグループの思想をカタチにした「何も足さない、何もひかない」ピュアマットシリーズ、そのピュアマットに「美しく足す」をコンセプトとしたレイロドールなどOS SCREENのフラッグシップと位置付けるモデルに限定して展開します。

本日、2月27日(木曜)に新たにブランドの理念、世界観を表したブランドサイト
https://www.osscreen.com)を立ち上げます。
販売は全国25店のオーエスプラスe特約店と直販サイトのみで販売を行います。
現在、ブランド復活の準備を進めております。
製品、型式、価格など詳細情報は3月中旬に発表を予定しています。
「新しい映像世界へ」今後のOS SCREENにご期待ください。

【OS SCREENの製品の歴史】
2000年  世界初のランダムな織目を持つファブリックスクリーンWF101を開発。
2002年  プロジェクターの高解像度化の将来を見こみ、フルHDに対応するWF201を先駆けて実用化し発売。
2004年  ブラックバックコーティングを採用したWF202発売。
2010年  ゲインをあげた改良型のWF203を発売。
2014年  糸の太さを1/2に細くして織目を1/4にした4K対応スクリーンWF301を発売。
2017年  世界初の4K HDR適合レイロドール(HF102)発売。
2018年  復活リニューアルしたフルHD対応WF204発売。

ブランドサイト : https://www.osscreen.com
販売店 : https://jp.os-worldwide.com/os_plus_e/authorized/
直販サイト : いいホームプラス  https://shop.ehome.plus





≪お問合せ先≫
株式会社オーエス   コンタクトセンター
東京都足立区綾瀬3丁目25番18号
TEL.0120-380-495 FAX.0120-380-496 E-mail e.info@os-worldwide.com
※接続できない場合には、次の番号をご利用ください。TEL.03-3629-5211 FAX.03-3629-5214

≪広報お問合せ先・ニュース発信者≫
株式会社オーエス 事業推進部 広報戦略課 阪田徹
東京都足立区綾瀬3丁目25番18号
TEL.03-3629-5356 FAX.03-3629-5187 E-mail:t.sakata@os-worldwide.com

株式会社オーエスプラスe 会社概要
名称: 株式会社オーエスプラスe
本社:東京都足立区綾瀬3-25-18  https://jp.os-worldwide.com/os_plus_e/
創業:2000年10月
資本金:1000万円
代表者:代表取締役 奥村正之
事業内容:
2000年10月12日創業以来、日本市場に「家庭で映画を」と言う、ホームシアター文化を提案・構築。オーエスグループの中でも、最もエンドユーザーに近い企業として、グループ全体のスローガンである「キモチをカタチに」の実現を目指す。映像文化に関する幅広い取り組みを推進し、業績拡大を目指す。

≪関連企業≫

株式会社オーエス       本社: 大阪府大阪市 https://jp.os-worldwide.com
株式会社オーエスエム   本社:兵庫県宍粟市 https://jp.os-worldwide.com/osm/
株式会社次世代商品開発研究所 本社:兵庫県宍粟市 https://jp.os-worldwide.com/njmc/
株式会社オーエスビー沖縄  本社:沖縄県中頭郡 https://jp.os-worldwide.com/osbee/
OSI CO., LTD.     :香港 https://hk.os-worldwide.com
奥愛斯商貿(北京)有限公司    :中華人民共和国 http://www.os-worldwide.com.cn

≪日本総販売代理店≫
Optoma(台湾) / 世界トップクラスのDLPプロジェクターメーカー
Vogel’s(オランダ) / フラットディスプレイなどのスタイリッシュハンガーメーカー
SCREEN RESEARCH(イタリア) / THX、ISF公認のサウンドスクリーン



配信元企業:株式会社オーエス
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ