省エネルギー住宅のトップランナーを選定する表彰制度   <ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 2019>   7年連続優秀賞と3年連続特別優秀企業賞のダブル受賞

住宅情報館株式会社

住宅情報館株式会社

2020年03月10日 13:00

エコロジーな住まいづくりを推進する住宅情報館株式会社(本社:神奈川県相模原市中央区、代表取締役社長:黒羽秀朗、以下住宅情報館)は、2020年2月28日、一般財団法人日本地域開発センター (主務官庁:国土交通省)による、省エネルギー住宅のトップランナーを選定する表彰制度<ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019>において、7年連続で「優秀賞」を受賞、併せて5年以上連続受賞の企業に授与される特別表彰「特別優秀企業賞」も3年連続で受賞しました。



外観イメージ



<ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019>は建物外皮とエネルギー設備機器を一体として捉え、
(1)外皮・設備の省エネルギー性能値
(2)多様な省エネルギー手法の導入および健康、快適性その他の取り組み
(3)省エネルギー住宅の普及への取り組み
の3つの視点で、省エネルギー性と普及性に優れた住宅を表彰する制度です。



受賞商品 QUAD<クアッド> 太陽光仕様 受賞対象地域:4・5・6地域
受 賞 名 <ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019> 優秀賞
主 催  一般財団法人 日本地域開発センター
表 彰 日 2020年5月19日





住宅情報館は<ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー>の「優秀賞」を2013年から7年連続で受賞したことにより5年以上連続受賞の企業に授与される特別表彰「特別優秀企業賞」も3年連続で受賞しました。


【 QUAD<クアッド>太陽光仕様 】 の特徴

<パッシブデザイン>
・通風を確保し冬の低い日差しを居室に採り入れるバルコニーの「ラインパネル」「シースルーパネル」
・夏の強い日差しを遮蔽する「スクリーンルーバー」
・「シースルー階段」と「勾配天井」の組み合わせによる風の道の創出

<省エネ設備>
・「太陽光発電システム」
・「オール電化システム(エコキュート+IHクッキングヒーター)」
・断熱性能と採光性を高めた「樹脂サッシ」
・消費電力の低減を図る「LED照明」
・水優先吐水機能、小流量吐水機能が付いた「水栓」
・温度の低下を抑える「保温浴槽」

<資源の再利用(CO2の固定化)>
・国産木材チップを原料とする「外壁サイディング」
・木質資源をリサイクルした「構造用面材」



住宅情報館について
住宅情報館は、住まいに関するサービスとサポートを包括的に提供する企業です。首都圏の1都6県及び東北エリア、東海エリアに「住宅情報館」(58店舗)のネットワークを擁し、建設事業をはじめ、宅地開発、建築設計の各事業と売買の不動産事業を推進しています。優れた品質と適切なコスト、迅速・正確な対応を実現し「住まいの総合プロデュース」企業としてお客様が安心して暮らしていただく住環境を築いています。



会社概要
【会 社 名】 住宅情報館株式会社
【所 在 地】 神奈川県相模原市中央区富士見2-8-8
【U R L】 https://www.jutakujohokan.co.jp
【設 立】 1993年10月
【代 表 者】 黒羽秀朗
【事業内容】 建設業/分譲住宅販売業/不動産仲介業/土木・建築工事の設計・施工・監理業


<本リリースに関するお問い合わせ先>
住宅情報館株式会社 商品企画部
Tel: 042-704-7206



配信元企業:住宅情報館株式会社
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ