1位獲得【人生論】【哲学・思想】カテゴリー『「考える力」トレーニング―――頭の中の整理法からアイデアの作り方』著者白取春彦。「未来を予測する」ための考え方。一見正しい論理にもこんな落とし穴が。

株式会社三笠書房

株式会社三笠書房

2020年05月18日 09:00



株式会社三笠書房(東京都千代田区/代表取締役:押鐘太陽 http://www.mikasashobo.co.jp )は、5月15日に『「考える力」トレーニング―――頭の中の整理法からアイデアの作り方』著者白取春彦が、キンドル電子書籍ストア【人生論】【哲学・思想】カテゴリーで1位獲得しました。

■『「考える力」トレーニング―――頭の中の整理法からアイデアの作り方』著者白取春彦
・キンドル電子書籍 https://amzn.to/3bt1CuY
・アマゾン書籍   https://amzn.to/3bDf9A6

今、わたしたちに必要なことは、自分で納得がいくまで考え、
そして積極的に行動することだ。
そうしなければ、どんなに全力で生きても、「自分の人生」とはいえない。
考えることは、自分の人生を生きるということ、
つまり、自分を生かすことなのだ。       ――白取春彦

ベストセラー『超訳ニーチェの言葉』の著者白取春彦が、
頭がよくなる「思考の整理」の仕方を紹介。

◇本をよく読む人・読まない人の違いはここにあらわれる
◇「自分の頭で考える」ために知っておきたいこと!
◇「未来を予測する」ための考え方
◇一見正しい論理にもこんな落とし穴が……
◇考えに行きづまったとき、どうすればいいか
……etc.

今までの自分の盲点に気づき、新しい頭の使い方が身につく本!

■目次

・第1章 「自分の頭で考える」ために知っておきたいこと
「新しいこと」を考え出す思考法(「いいアイデア」はどこからやってくるのか
「考えること」は、自分自身が「変わること」
ほか

・第2章 「デタラメな論理」はどう見抜く?
論理的に考える「思考のプロセス」
“全体の流れ”から、“次”を見通すには?
実は誰もが、「三段論法」で未来を読んでいる
ほか

第3章 より深く・自由に考えるには「技術」が必要
すべての「考え」は「言葉」から生まれる
“正しく”考えることは、誰にもできない!?
「思考中の脳」をのぞいてみると
ほか

第4章 「思考のカベ」を破る法
考えにいきづまったとき、どうするか?
「思考を整理する」効果的な方法
「本を読むとアタマがよくなる」は本当です
ほか

■著者 白取春彦

■『「考える力」トレーニング―――頭の中の整理法からアイデアの作り方』著者白取春彦
・キンドル電子書籍 https://amzn.to/3bt1CuY
・アマゾン書籍   https://amzn.to/3bDf9A6

─────■ プレスに関するお問い合わせ先 ■─────
社 名:株式会社三笠書房
ホームページ:http://www.mikasashobo.co.jp/
フェイスブック:https://www.facebook.com/mikasashobo?fref=ts
ツイッター 編集:https://twitter.com/tw_mikasa
ツイッター 営業:https://twitter.com/mikasashobo
ツイッター デジタル:https://twitter.com/mikasabooksjp
三笠書房ドリームニュース記事一覧:http://www.dreamnews.jp/company/0000007063/
所 在 地:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-3-1
T E L:03-5226-5738





配信元企業:株式会社三笠書房
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ