【気象予報士が教える】「空」と「天気」の楽しみ方!不思議で奥深くてオモシロイ!! 『こちら、横浜国大「そらの研究室」!天気と気象の特別授業』(筆保弘徳・今井明子・広瀬駿) 7月22日(水)発売!

株式会社三笠書房

株式会社三笠書房

2020年07月17日 18:00



株式会社三笠書房(東京都千代田区/代表取締役:押鐘太陽)は、
新刊書籍『こちら、横浜国大「そらの研究室」!天気と気象の特別授業』(著:筆保弘徳・今井明子・広瀬駿)を7月22日(水)に発売いたします。


「空はなぜ青い?」「雲はなぜ白い?」「夕焼けはなぜ赤い?」など、一度は抱いたことのある疑問をはじめ、
「マジックアワー」「アレキサンダーの暗帯」「1時間に100ミリの雨の凄さ」「虹の外側と内側」など、聞き慣れない言葉や、日常で使える知識、少し専門的な内容まで!天気や空のことが、よーく分かる一冊の登場です!
スマホで雲や虹の動画が楽しめるQRコードも付いてます!

本書では、気象学の基礎的な知識をご紹介するだけでなく、
空に興味を持ち、楽しみながら理解できるように、分かりやすく遊び心を交えた例えなども取り入れています。
たとえば、季節の移り変わりを「戦国時代劇」になぞらえたり、あの有名なアニメ映画『天空の城 ○ピュタ』を例に、
雲の中に入るときの「音」について解説。映画では、飛行船が雲に入るときに、「バフッ」という音がしていますが、実際には雲の中に入るときは無音だそうです!

そのほか、「土砂災害」「川の氾濫」「ゲリラ豪雨」「台風」などの自然災害の知識や、
毎日目にする「天気予報」の裏側までも大公開!

なかなか遠出が出来ないこの夏。
こんなときこそ下を向かず、ぐいっと顔をあげて「空」を見上げてみませんか。
そこにはこれまで知らなかった不思議で謎に満ちた世界が広がっています!
自由研究の題材としてもオススメ!!

読めば誰かに話したくてたまらない!明日の空が待ち遠しい!!


■目次
はじめに
第1章 「空の特別授業」へようこそ!
第2章 空は素敵な大劇場!
第3章 季節の“戦国時代劇”
第4章 異常気象の真犯人はだれだ?
第5章  知っておきたい「気象災害と防災」の話


■商品情報
書名:『こちら、横浜国大「そらの研究室」! 天気と気象の特別授業』
著者:筆保弘徳・今井明子・広瀬駿
定価:800円+消費税
ISBNコード:978-4-8379-8667-6
発売日:2020年7月22日(水)
発行所:株式会社三笠書房


■『こちら、横浜国大「そらの研究室」! 天気と気象の特別授業』
・アマゾン    https://amzn.to/38Ut59l
・三笠書房HP  https://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100866700



─────■ プレスに関するお問い合わせ先 ■─────
社 名:株式会社三笠書房
所 在 地:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-3-1
T E L:03-5226-5731

ホームページ:http://www.mikasashobo.co.jp/
フェイスブック:https://www.facebook.com/mikasashobo?fref=ts
ツイッター 編集:https://twitter.com/tw_mikasa
ツイッター 営業:https://twitter.com/mikasashobo
ツイッター デジタル:https://twitter.com/mikasabooksjp
三笠書房ドリームニュース記事一覧:http://www.dreamnews.jp/company/0000007063/



配信元企業:株式会社三笠書房
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ

■最新のニュースリリース