サーマルカメラ検温システムを運用開始

学校法人大麻学園

学校法人大麻学園

2020年08月11日 09:00

安全安心の「新しい学校生活様式」を実現する新型コロナウイルス感染症防止対策
学校法人大麻学園(理事長:大麻 悦治)が設置する四国医療専門学校(学校長:石川 浩)では、田中通信工業(株)が開発した非接触型サーマルカメラ検温システム(以下、「本システム」)の運用を開始しますのでお知らせします。

概要
従来、学生及び教職員は自宅での検温を自己申告により報告していたものが、本システムの運用により登校時・出勤時に玄関に設置しているAI(人工知能)付き高精度サーマルカメラにより、一度に20人の対象者を接触することなく検温することが可能となります。学内ネットワークにも接続されており対象画像を教職員のパソコンでも確認可能で、今後の新型コロナウィルスを想定した「新しい学校生活様式」を実現するインフラとなります。
発熱の疑いがある対象者を認識した場合は、(1)パトランプなどのアラートにより本人及び教職員が視認できる、(2)対象者の体温が表示された画像をメール送信する、(3)対象画像データを自動保存する、などが可能です。本システムで発熱の疑いがある対象者は別途個別に非接触型体温計で検温し確認することになります。本システムは移動可能で、校舎以外で主催する事業があれば移設し活用することも可能です。

設置場所
四国医療専門学校
3号館(理学療法学科・作業療法学科)、5号館(看護学科)各校舎正面玄関

設置時期
令和2年8月下旬(予定)

【概要】
法人名:学校法人 大麻学園
理事長:大麻 悦治
学校名:四国医療専門学校
学校長:石川 浩
所在地:香川県綾歌郡宇多津町浜五番丁62-1
TEL:0877-41-2323
FAX:0877-41-2321
URL:http://www.459.ac.jp/
E-Mail:hello@459.ac.jp










配信元企業:学校法人大麻学園
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ