手間いらず、Go To トラベルキャンペーン 第三者機関に認定

手間いらず株式会社

手間いらず株式会社

2020年09月11日 18:00

複数のオンライン宿泊予約サイトを一元管理できる『TEMAIRAZU』シリーズを提供する手間いらず株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡邉哲男)は、2020年9月11日、Go To トラベルキャンペーンの第三者機関に認定されました。

宿泊事業者が、旅行者からの直接予約をGo To トラベルキャンペーンの給付対象にしたい場合、参加事業者登録を行う際に、第三者機関の選択を行う必要があります。『TEMAIRAZU』シリーズを使用している宿泊事業者は、手間いらずを第三者機関として選択することが可能です。

第三者機関とは、「宿泊事業者が直接受けた予約記録を宿泊施設の外部で管理できるシステムや団体を指し、当該記録を宿泊の事実を裏付けるものとして事務局に提出できる機関」とされています。
※手間いらずは、「直接販売で、宿泊事業者が給付金の申請を行う場合(パターンB)」の第三者機関です。
(各パターンについてはこちらをご参照ください:
  https://biz.goto.jata-net.or.jp/common/files/200827_1100_yadoguide.pdf

手間いらずを第三者機関として選択したTEMAIRAZUを利用している宿泊事業者は、旅行会社・OTA経由以外の直接販売においても、宿泊者に対しGoToトラベルキャンペーンの割引対象商品の販売が可能となります。自動でTEMAIRAZUに取り込まれる自社公式ホームページからの予約はもちろん、電話やeメールでの予約もTEMAIRAZUのオプション機能である「予約情報入力」を利用しTEMAIRAZUで管理することで、Go To トラベルキャンペーン対象プランとして予約を取り扱う事が可能です。

手間いらず株式会社は、「GoToトラベルキャンペーン事業」を通し、宿泊事業者を支援することで宿泊業界・観光業界の活性化に貢献してまいります。

■ 『TEMAIRAZU』シリーズシステム概要
『TEMAIRAZU』シリーズは、国内宿泊施設向けに複数の宿泊予約サイトの一元管理を行う基本機能と、予約情報の高速取得やイールドマネジメント機能等を備えたASPシステムです。宿泊施設は、『TEMAIRAZU』シリーズを利用することで、一括で在庫と料金のコントロールができ、収益を上げ、コスト削減が可能となり、利益の最大化が実現できます。

<対応可能予約サイト及び自社予約システム>
▼ 国内宿泊予約サイト
楽天トラベル、じゃらん.net、るるぶトラベル、一休.com、マイナビトラベル、JALパック、ANA、Relux等
▼ 海外宿泊予約サイト及びホールセラー、その他
Booking.com、agoda、Expedia、Ctrip、Hostelworld、AsiaYo、TripAdvisor、hotelbeds、Airbnb、DOTW、DidaTravel、Shiji Distribution Solution 等
▼ 自社ホームページ用宿泊予約システム
ダイレクトイン、予約プロ、予約番、OPTIMA、d-edge、iHotelier、SynXis CR等

【手間いらず株式会社の概要】
(1)商号     手間いらず株式会社(東証第一部 : 2477)
(2)事業内容   宿泊施設向け予約管理サービスの提供
          情報の比較及び集約サービスの提供
(3)本社所在地  東京都渋谷区恵比寿1-21-3 恵比寿NRビル7F
(4)代表者名   代表取締役 渡邉 哲男
(5)資本金    713百万円
(6)主なサービス 予約サイトコントローラー『TEMAIRAZU』シリーズ
          (https://www.temairazu.com/
          比較サイト『比較.com』(https://www.hikaku.com/

【本件に関するお問い合わせ】
手間いらず株式会社
経営企画室
TEL:03-5447-6690  e-mail:pr@temairazu.com





配信元企業:手間いらず株式会社
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ