プロのサウンドクリエイターが手がける音楽制作サービスを提供開始!映像コンテンツやゲーム作品、店舗・施設で使用するBGMや効果音、MAなどサウンド全般に対応

Happy Sad

Happy Sad

2020年09月17日 10:00



プロのサウンドクリエイターがクライアントと直接話し合い、制作物のイメージやサンプルをあらかじめ共有した上で具体的な制作プランを構築。クライアントとの認識のズレを最大限解消します。

サウンド制作会社やゲームパブリッシャーでの数多くのサウンド制作経験を持ち、MTV主催コンテストでの受賞経験があるサウンドクリエイター兼作曲家として活動する「HAPPY SAD」こと草野洋秋(Hiroaki Kusano)は、9月3日(木)より、映像コンテンツやゲーム作品、店舗・施設で使用するサウンド全般(楽曲、効果音、MA)を制作するサービスを開始しました。

▼「HAPPY SAD」ホームページ:https://happysadsong.com

■人件費をおさえて低コストでのサウンド制作を実現

「HAPPY SAD」として活動する草野洋秋(くさのひろあき)は、作曲作詞、歌、楽器、録音、ミックスまで一人で行うスタイルで活動するサウンドクリエイター兼シンガーソングライターです。

ゲームサウンド制作会社・ゲームパブリッシャー複数社においてサウンドデザイナー/ディレクター職としてゲームサウンド制作に参加し、スマートフォンやコンシューマー向けのゲーム作品等、50以上のタイトル作品に関わってきた経験をもちます。

近年、インターネット上のコンテンツ増加に伴い、サウンド・音楽の使用用途やニーズは年々増えていますが、「どこに発注したらよいかわからない」「窓口と実制作を行う担当者が別々でイメージ通りのサウンドが上がってこない」といった不満が寄せられていました。

「HAPPY SAD」が提供するサウンド制作サービスでは、プロのサウンドクリエイターがクライアントと直接話し合い、制作物のイメージやサンプルをあらかじめ共有した上で具体的な制作プランを構築。クライアントとの認識のズレを最大限解消します。

大規模なサウンド制作会社とは異なり、人件費がおさえられているので価格面でも融通の利いた対応が可能です。

■映像制作会社やアニメ・ゲーム制作会社、YouTuber等を対象にしたサービス

「HAPPY SAD」が手がけるサウンド制作は、映像制作会社や映像広告制作会社、広告会社、アニメ制作会社、ゲーム制作会社(ゲームパブリッシャー、ゲーム開発会社含む)、イベント制作会社、ネットコンテンツ配信会社、実店舗や施設を保有する企業、公共事業を手がける企業、社内にYouTuberを持つ企業、番組配信を行うYouTuber等を対象にしたサービスです。

具体的には、下記のようなサウンド制作の依頼を想定しています。

・店舗や施設での使用を目的とした音楽
・映像作品やゲーム作品で使用するためのサウンド(BGM、効果音)
・ネット番組やTV、ラジオ番組で流すためのBGM、ジングル、効果音
・イベント等で使用するための楽曲
・その他

実際の楽曲や効果音を聞いてみたいという方に向けてサンプルをご用意しています。下記URLにアクセスしてご覧ください。

▼BGMのサンプル
https://happysadsong.com/bgm/
▼効果音のサンプル
https://happysadsong.com/se-ma/

制作のご依頼は、メール(kusano@happysadsong.com)もしくは下記URLからお申込みください。
・サウンド制作依頼URL
https://happysadsong.com/contact-%e5%88%b6%e4%bd%9c%e4%be%9d%e9%a0%bc/


【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:Happy Sad
担当者名:草野
所在地:〒104-0061東京都中央区銀座1-22-11銀座大竹ビジデンス2F
Email:kusano@happysadsong.com
ホームページURL:https://happysadsong.com



配信元企業:Happy Sad
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ