TPCマーケティングリサーチ株式会社、2020年 サプリメント市場について調査結果を発表

TPCマーケティングリサーチ株式会社

TPCマーケティングリサーチ株式会社

2020年09月16日 09:00

2019年度のサプリメント市場は、前年度比0.7%増の7,942億円となった。要因としては、機能性表示食品を中心とした生活習慣病対策カテゴリーやスポーツ関連カテゴリー、シニア向けカテゴリーなどが好調に推移したことが挙げられる。当資料では、サプリメント市場の動向を成分別や訴求別、チャネル別など様々な角度から分析するとともに、コロナ禍の影響、各社の商品展開状況や売上高、販売方法、今後の展開についてもレポートしている。

概要
◆2019年度のサプリメント市場は前年度比0.7%増の7,942億円となった。同年度は、機能性表示食品を中心とした生活習慣病対策カテゴリーやプロテインの伸びが続くスポーツ関連カテゴリー、ロコモ対策や認知症対策といったシニア向けカテゴリーなどが好調に推移した。一方で中国電子商取引法施行に伴うインバウンド需要の減少、景品表示法違反による酵素商品の縮小などが響き、市場全体では微増推移となった。

◆機能性表示食品のみの市場規模をみると、2019年度は前年度比29.8%増の1,329億円となり、サプリメント市場全体に占める割合は16.7%となった。同市場は主要各社の積極的な取り組みに加え、訴求や成分の多様化により、右肩上がりの成長を続けている。同制度が施行されて4年以上が経過し、サプリメント市場全体に占める機能性表示食品の割合は年々高まっている。そのためサプリメントを展開するうえで、機能性表示食品の位置づけは以前よりも重要度が増している。具体的な健康機能を表示できる点は機能性表示食品の大きな強みであり、消費者の健康に対する不安や悩みに寄り添った商品提案により、潜在ニーズの掘り起こしが期待できる。

◆2020年度の市場規模は前年度比1.0%増の8,022億円となる見通し。新型コロナウイルス感染症の拡大は、サプリメントに対する消費者ニーズを高めている。具体的にはコロナ禍をきっかけに、食事で足りない栄養素を補う目的でサプリメントを摂取したり、免疫機能を高めるためにサプリメントを活用したりする動きが広がりをみせている。消費者の健康維持・増進に対する意欲は高く、サプリメント市場は引き続き堅調な推移が予想される。

◆当資料では、サプリメント市場の動向を成分別や訴求別、チャネル別など様々な角度から分析。さらにコロナ禍の影響、各社の商品展開状況や売上高、販売方法、今後の展開についてもまとめている。





TPC市場調査レポート
「2020年 サプリメントの市場分析調査」
―コロナ禍で需要が拡大!注目は「免疫」「生活習慣病」対策―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr110200531
資料体裁:A4判150頁
発刊日:2020年9月9日
頒価:99,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531



配信元企業:TPCマーケティングリサーチ株式会社
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ

  • 2020年09月16日 09:00
  • 飲食