健康家族、卵殻膜エキスのメラニン抑制効果を発見。 シミの原因を抑制することで素肌の透明感を高める効果に期待!

株式会社健康家族

株式会社健康家族

2020年09月23日 09:00

健康食品・化粧品などを手がける通販会社、株式会社健康家族(本社:鹿児島県鹿児島市、代表取締役社長:藤 朋子)は、自社オリジナル美容成分の卵殻膜エキスに含まれる成分がシミの原因になるメラニンの抑制に効果的であることを確認。2020年9月18日に発表した。このたび同社ではこの卵殻膜エキスを「透肌(とうき)卵殻膜エキス」と称して同成分を配合した製品展開を開始いたします。

【研究の背景と目的】
伝統にんにく卵黄で知られる健康家族が卵の美容効果について研究を重ねた結果、母乳に匹敵する良質なたんぱく質源である卵の中でもヒナの成長に必要なアミノ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸が豊富な「卵殻膜」に着目し開発したオリジナル原料「卵殻膜エキス」、卵殻膜エキスにはIII型コラーゲンの産生を促す効果があることは広く知られており化粧品原料として採用されていますが、エキスのアミノ酸分析の結果、美白や美肌化粧品に採用されるシスチンが含まれていることに着目。エキス製造メーカーでの試験により卵殻膜エキスにはシミの原因となるメラニン抑制の働きが確認されました。メラニンを抑制することで肌の透明感を高める効果が期待でき、エイジングケアや美白効果のある化粧品開発を進めていく予定。

【試験実施場所】
株式会社ファーマフーズ 開発部

【メラニン合成抑制試験】
マウス由来の黒色皮膚腫細胞株であるメラノーマB16-4A5細胞(以後B16細胞と記載)を使用し試験を行った。B16細胞は、5%ウシ胎児血清を添加したD-MEM培地を用いて、37℃、CO2インキュベータで常法に従い培養した。このB16細胞に被験物質(卵殻膜エキス)を添加し、3日間培養した後浮遊細胞と付着細胞を合わせて回収した結果、加水分解卵殻膜(SEM)を5 mg/ml、または10 mg/ml添加して培養した条件で、明らかにメラニン量が減少していることが示された。



【今後の展開】
当社では今後この独自成分「透肌(とうき)卵殻膜エキス」と医薬部外品主剤原料でシミ抑制の効果が確認されているプラセンタ、整肌成分としてのグリチルリチン酸ジカリウムのコンプレックス原料「透肌卵殻膜EX(イーエックス)」を配合した医薬部外品オールインワンジェルを開発。7月からの会員向け試験販売の好評をうけ、9月より通販限定で正式販売を開始いたします。また、当社は今後他の化粧品にも展開することでトータルのエイジングケアをサポートできる商品展開を行います。

【健康家族について】
https://www.kenkoukazoku.co.jp/
名称:株式会社健康家族  創業:1976年 設立:1989年
代表取締役社長:藤 朋子
所在地:〒892-0848 鹿児島県鹿児島市平之町10-2
事業内容:健康補助食品、美容商品、食品の全国通信販売
ビジョン:「対面販売を超えた通信販売」を目指して。
お客様の口に入り、健康を支えるものだからこそ素材から製造、
お届けまで万全に体制を尽くす。
その想いを実現する事にこだわり商品をお届けしています。

【一般のお客さまからのお問い合わせ先】
株式会社 健康家族コールセンター
TEL:0120-315-315
営業時間:月~金8:00~21:00 /土・日・祝 9:00~17:00
e-mail:info@kenkoukazoku.co.jp



配信元企業:株式会社健康家族
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ