新型コロナの感染予防、医療従事者は布マスクよりもN95マスクを推奨。株式会社JOSOLABが輸入・販売を開始

株式会社JOSOLAB

株式会社JOSOLAB

2020年10月19日 13:00

新型コロナウィルスの蔓延に伴い、様々な素材のマスクが街中に現れました。その大多数は布マスクと不織布マスクですが、果たして期待されているような効果はあるのでしょうか?そして、その二種類のマスクよりも、さらに効果的なマスクはあるのでしょうか?



【布マスクは飛沫感染の予防効果が低い N95マスクが最も効果的】
新型コロナウィルス感染症は、飛沫によって感染するリスクが高いため、せき、くしゃみによる飛沫の遮断率が非常に重要です。先月、デューク大学の研究グループは、マスクの素材ごとの飛沫の防止率についての研究結果を発表しました。(*1)

(*1)Science Advances 2020:eabd3083.:https://advances.sciencemag.org/content/6/36/eabd3083.full

研究の結果、飛沫を防ぐ効果が最も高かったのはN95マスクの99.9%、その次はサージカルマスクの99%でした。N95マスクでは、限りなくゼロに近い所まで、飛沫の通過を止めることができます。



【N95マスクの種類と選び方】
N95マスクの中にも多くの種類があります。NIOSH(米国労働安全衛生研究所)のN95規格をクリアしている多くの3M社製マスクの中で、最も多く利用されていて、かつ知名度も高いのが、N95-1860マスクです。
しかし、新型コロナウィルスの感染がかなり拡大しているため、市販のN95-1860マスクは入手困難な状態になっています。

その代わりになるものとして、日本国内では未発売ですが中国ではすでに利用頻度が高い、3M社製N95-9132医療用マスクをご紹介します。近日、中国中央テレビのニュース番組に登場している中国の習近平国家主席も、この3M社製N95-9132医療用マスクを着用しています。



(写真:中国CCTVニュースより引用)まず、3M社製のN95-1860マスクとN95-9132マスクは、どちらもNIOSH(米国労働安全衛生研究所)のN95規格基準をクリアしていて、空気感染源となる5μm以下の飛沫核に付着した病原体を95%以上防ぐことができます。

3M社製N95-1860マスクは米国から輸入したものであるため、アメリカ食品医薬品局(FDA)に認証されています。また、中国食品医薬品局(CFDA)の認証と中国国家標準GB19083-2010「医療用保護マスクの技術要件」の基準も満たしています。
3M社製N95-9132マスクは中国製であるため、同じく中国食品医薬品局(CFDA)の認証と中国国家標準GB19083-2010「医療用保護マスクの技術要件」を満たしていて、中国の医療現場では多く利用されています。






3M社製のN95-9132マスクは、N95-1860マスクと異なり、個包装で折りたたみ式なので持ち運びが簡単です。また、内側を折り畳んでポケットにしまうことができるので衛生的です。

【3M社製N95-9132医療用マスクの購入方法】
3M社製N95-1860マスクの入手が非常に困難であるため、株式会社JOSOLABは、中国の正規代理店から3M社製N95-9132医療用マスク(正規保証)の輸入・販売を2020年10月19日より開始いたしました。 
販売ページ:楽天で「josobox」と検索 https://www.rakuten.ne.jp/gold/josobox/



配信元企業:株式会社JOSOLAB
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ

  • 2020年10月19日 13:00
  • 医療