透明導電性コーティング市場-構造別、材料別、層別、用途別、エンドユーザー別(電子機器、自動車、光学、ソーラー)-世界的な需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limited

Research Nester Private Limited

2020年10月19日 18:00

Research Nester Private Limitedは調査レポート「透明導電性コーティング市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年10月 19日 に発刊しました。このレポートは、2020-2028年の予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。

透明導電性コーティングは、視覚的に透けて見える材料のカバーであり、電流の連続的かつ均等な流れを促進するため、優れた電気伝導体です。液晶ディスプレイ、OLED、タッチスクリーン、太陽光発電など、さまざまな電子機器に使用されています。スクリーンやガラスパネルに導電性コーティングを施すと、静電気がすぐに除去され、表面からのほこりが防止されます。

透明導電性コーティングは、基本的に1930年代に商業目的で使用されていました。ワイドバンドギャップ半導体膜が市場に投入された直後、透明導電性コーティングの実際の用途は広がりました。

透明導電性コーティングの需要が増加する主な理由一つは、家電市場の成長です。世界の透明導電性コーティング市場は、2020ー2028年の予測期間中に大幅なCAGRを記録すると予想されます。





スマートディスプレイ、電子機器、光学機器に対する需要の高まり

品質向上の一貫した段階の後、透明な導電性フィルムおよびコーティングの使用が大幅に増加しました。スマートディスプレイとソーラー製品の需要の高まりにより、透明導電性コーティング市場のマーケティング範囲が拡大しています。さらに、ナノチューブ技術の導入により電子機器および光学摩耗市場を堅持している消費者基盤は、透明導電性コーティング市場を推進すると予想される追加要因です。

市場セグメンテーション洞察
透明導電性コーティング市場は-構造別(多結晶およびアモルファス)、材料別(無機および有機)、層別(インジウムスズ酸化物、フッ素ドープスズ酸化物、酸化亜鉛、カーボンナノチューブおよびグラフェン)、用途別(太陽電池/パネル) )、スマートディスプレイ、誘導、OLED、LCD、および太陽光発電デバイス)、エンドユーザー別(電子機器、自動車、光学、ソーラー)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

透明導電性コーティング市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカなど地域によって分割されます。

世界の電子機器のほとんどがアジア太平洋地域で製造されており、中国がこれらの機器の大部分の製造の中心地であるため、アジア太平洋地域は最も急成長している市場であると予想されています。アジア太平洋地域では、世界の透明導電性コーティング市場が上昇傾向にあると予測されています。

主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の透明導電性コーティング市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。透明導電性コーティング市場における業界のリーダーはPPG Industries, Inc.、Koninklijke DSM N.V.、Hoya Corporation、Rodenstock GmbH、Penn Optical Coatings、EssilorLuxottica SA、Janos Technology、Honeywell International Inc、VIAVI Solutions Inc.、Quantum Coatingなどです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2753

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/transparent-conductive-coating-market/2753

**** Research Nester Private Limited会社概要*****
https://www.researchnester.com/


[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール: info@researchnester.com



配信元企業:Research Nester Private Limited
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ