「幸福学」の第一人者が初公開!コロナ禍で幸せに過ごすためのコツとは『家族の幸福度を上げる7つのピース』10月21日発売

株式会社 青春出版社

株式会社 青春出版社

2020年10月21日 11:00

このたび、青春出版社(東京都新宿区)は、『家族の幸福度を上げる7つのピース』(著・前野隆司/前野マドカ)を10月21日に刊行いたします。

コロナ禍で浮き彫りになった家族間のストレス
 新型コロナの影響で家族時間が増え、「家族の大切さをより意識するようになった」という声がある反面、「ストレスがたまる」という声も多々あります。このギャップを埋めるのが本書です。
 「幸福学」の日本の第一人者である著者が、先行き不安な時代に「家族という集合体」が幸せになるための実践的な行動・考え方を伝えます。
 幸福学とは、心理学と統計学をベースに、人が幸せになる要因や条件を科学的に導き出していくものです。本書ではそれらの要因や条件をパズルのピースとしてとらえ、「幸福のピース」と呼んでいます。ピースをひとつずつそろえていくことで、より幸福度が上がっていく様子をイメージできるのです。
 「7つのピース」を知った上で、考え方や行動をほんの少し変えるだけで、家族の幸福度が少しずつ上がっていきます。多くの家族に、より幸せを感じていただきたい──そんな願いを込めた一冊です。



【著者プロフィール】
前野隆司(まえの・たかし)
1962年山口生まれ。広島育ち。84年東工大卒。86年東工大修士課程修了。キヤノン株式会社、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員、慶應義塾大学理工学部教授、ハーバード大学客員教授等を経て、2008年より慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授。前野マドカの夫。

前野マドカ(まえの・まどか)
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科附属システムデザイン・マネジメント研究所研究員。EVOL株式会社代表取締役CEO。IPPA(国際ポジティブ心理学協会)会員。サンフランシスコ大学、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)などを経て現職。前野隆司の妻。

【書籍概要】
『家族の幸福度を上げる7つのピース』
著:前野隆司/前野マドカ
価格:本体1,400円+税
ISBN:978-4-413-23174-9

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社青春出版社 プロモーション部:西尾 春香
TEL: 03-3202-1212 / FAX: 03-3203-5130 
E-mail: h-nishio@seishun.co.jp







配信元企業:株式会社 青春出版社
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ