車載アクティブセーフティシステムへの法規制の影響を分析したレポート「自動運転ガイド:法規制編 2020年Q3版」をリリース

SBD Automotiveジャパン

SBD Automotiveジャパン

2020年10月21日 14:00

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛けるSBD Automotiveジャパン(名古屋市)では、車載アクティブセーフティシステムへの法規制の影響に関する調査・分析を継続的に行っており、最新情報をまとめたレポート「自動運転ガイド:法規制編」を四半期ごとに更新、その最新版を2020年10月20日に発行いたしました。

本書では欧州、米国、日本、中国および韓国の市場について、政府による義務化、インセンティブ、標準規格、周波数帯、およびプロジェクトがもたらす課題およびビジネス機会について考察しています。また、その他の国についても関連性のある法および開発状況に関しては、重要な変更が見られた段階でその都度情報を掲載します。
https://insight.sbdautomotive.com/rs/164-IYW-366/images/535-20IB_J.pdf

<レポートの構成>
安全規則:ADAS、アクティブセーフティ、自動運転車に関連する世界各国の政府による規制の準備、法整備、ガイドライン、および政策的枠組みに関する最新情報を掲載。
技術規則:V2X/C-ITS、センサー技術など特定の技術に関する新規制、政策修正、義務化、業界対応に関する最新情報を掲載。
安全性評価組織:新車アセスメントプログラム(NCAP)の最新動向、およびそれがアクティブセーフティ/ADAS技術の採用に与える影響について詳説しています。さらに世界各国のNCAPがテストした各車種の最新の安全認定結果を掲載。

<現行の法規制に関する情報を掲載>
安全規則:欧州交通安全法制/欧州道路交通安全政策、国連の交通安全のための行動/国連道路交通条約の改定、各国における法規制、ガイドラインなど
技術規則:中国/欧州/米国におけるV2X動向、欧州におけるイベントレコーダー、米国におけるリアカメラビュー法案など
安全性評価組織:ASEAN NCAP、ユーロNCAP、バーラトNVSAP、JNCAP、KNCAP、CNCAP、NHTSAなど

<レポートの詳細>
https://insight.sbdautomotive.com/rs/164-IYW-366/images/535-20IB_J.pdf






本レポートの詳細に関するお問い合わせは下記にて承っております。

SBD Automotiveジャパン
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル6F
Tel: 052 253 6201
E-mail: postbox@sbdautomotive.com
https://www.sbdautomotive.com/ja/

【SBD Automotiveについて】
英国を本拠とする自動車技術の調査・コンサルティング会社です。1997年の創業以来、日本、欧州(英国とドイツ)、米国、中国の拠点から自動車業界に携わるクライアントをグローバルにサポートしています。
クライアントは自動車メーカー、サプライヤー、保険業界、通信業界、政府・公的機関、研究機関など自動車業界のバリューチェーン全体。調査対象エリアは欧州、北米、中国、ブラジル、インド、ロシア、東南アジアなど世界各国の市場を網羅。自動車セキュリティおよびIT、コネクテッドカー、自動運転などの分野において調査を実施、各種レポートやコンサルティングサービスを提供しています。



配信元企業:SBD Automotiveジャパン
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ