乗船料金の半額(上限5,000円)を補助し水辺観光を支援 品川区、『ENJOYしながわ屋形船キャンペーン』11月1日開始 江戸時代から続く屋形船観光を“ニューノーマル仕様”で提供

品川区

品川区

2020年10月23日 13:00

品川区(区長:濱野 健)は2020年11月1日(日)~2021年3月31日(水)の期間、区内の屋形船に乗船する約1万人を対象に、一人あたり5,000円を上限とし乗船料の半額を補助する『ENJOY(エンジョイ)しながわ屋形船キャンペーン』を行います。



コロナ禍で苦しむ船宿を支援し、江戸時代から続く屋形船観光の文化を守る
 コロナ禍において、観光産業は深刻な影響を受けています。品川区の重要な観光資源のひとつである“水辺観光”の中心的役割を担う屋形船も大きな経済的被害を受けており、各船宿は経営継続に苦しんでいます。




 江戸時代から大衆に親しまれてきた伝統を絶やさぬためにも、品川区は屋形船観光を支援し、安心・安全な運営のもと多くの方に利用していただくことを目的に、この度の補助金支給キャンペーンを決定いたしました。

 本キャンペーンには区内10社の船宿(屋形船事業者)が参加します。料金やサービス内容は各船宿の設定に準じますが、補助金により乗船者は半額(上限5,000円)での利用ができます。例えば料金11,000円のコースの場合は5,000円の補助が適用され乗船者の負担は6,000円、8,000円のコースの場合は半額4,000円が補助され乗船者の負担は4,000円となります。
感染対策にも万全を期し、検温や消毒、咳エチケットの周知を徹底することはもちろん、
・運航中の換気の徹底
・飛沫対策に配慮した席配置
・大皿での料理提供を避け個別サーブ
・乗合船でのカラオケ禁止
等々、細やかな対策を徹底し、感染防止に努めます。



ENJOYしながわ屋形船キャンペーン概要
名称:ENJOYしながわ屋形船キャンペーン
内容:乗船者に対し、一人あたり乗船料の半額かつ5,000円上限の補助
例)通常11,000円コースの場合、5,000円を補助し、乗船者は6,000円を負担/通常8,000円コースの場合、4,000円を補助し、乗船者は4,000円を負担
※自己負担額を直接、各船宿(屋形船事業者)へお支払いいただきます。
実施期間:2020年11月1日~2021年3月31日期間内の出船分
対象:約1万人 ※予算が達し次第終了

キャンペーン参加船宿:
平井 品川区北品川1-21-1 電話03-3471-9267
中金  品川区東品川1-1-17 電話03-3471-4531
三河屋 品川区東品川1-1-14 電話03-3471-3454
幸吉丸 品川区東品川1-1-13 電話03-3471-3076
むつみ丸 品川区東品川1-1-11 電話0120-506-230
大江戸 品川区北品川1-16-1 電話03-5479-7007
船清 品川区北品川1-16-8 電話03-5479-2731
丸裕 品川区北品川2-25-8 電話03-5479-5632
大山丸 品川区東大井2-26-18 電話03-3765-0588
いわた 品川区東大井1-25-3 電話03-3471-1322

予約方法:品川区内の船宿(屋形船事業者)に直接お問い合わせください
ホームページ:http://canalside.or.jp/enjoyyakata/
問い合わせ:一般社団法人天王洲・キャナルサイド活性化協会 03-4405-5785

本情報に関するお問い合わせ
株式会社ネタもと(※品川区情報発信事業受託事業者)
電話:03-5411-0066 FAX:03-3401-7788 メール:pr@netamoto.co.jp
担当:黒田(携帯080-4900-7949)



配信元企業:品川区
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ