神経芽細胞腫薬市場―薬の種類別、メカニズムの種類別、治療の種類別,診断タイプ別、エンドユーザー別(病院、専門クリニック、ホームケア)-グローバル需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limited

Research Nester Private Limited

2020年10月23日 18:00

Research Nester Private Limitedは調査レポート「神経芽細胞腫薬市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年10月 23日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。

神経とは神経を意味し、芽細胞腫は体のさまざまな部分の未熟な細胞に影響を与える癌です。神経芽細胞腫は、乳児や幼児に最も多く見られる癌の一種です。神経芽細胞腫は腹部の交感神経節で始まり、胃、胸、骨盤、骨に発生する可能性があります。神経芽細胞腫の症状は通常、影響を受ける体の部分によって異なります。腹部の神経芽細胞腫の症状には、腹痛、下痢、便秘などがあります。胸部の神経芽細胞腫には、胸痛や目の変化などの症状があります。ほとんどの場合、神経芽細胞腫は消失するか、時には腫瘍につながります。この癌の治療は、癌の病期、子供の年齢、その他の遺伝子の異常など、さまざまな要因に基づいています。神経芽細胞腫薬の市場は、予測期間中に約4%の大幅なCAGRを記録すると予想されます。



レポートの主なハイライト
● 市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
● レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
● 統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
● レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

COVID-19に対する脆弱性

COVID-19パンデミックの発生により、癌患者の脆弱性が高まりました。COVID-19から子供たちを守るための予防策の急増は、神経芽細胞腫の診断と治療の需要を牽引ています。さらに、市場の主要なプレーヤーのほとんどは、神経芽細胞腫を治療し、癌に苦しむ患者が合併症を起こさないようにするための重要な薬の生産を増やしています。さらに、応答メカニズムの開発のために神経芽細胞腫に苦しむ患者に対するCOVID-19の影響を理解するために詳細な研究が行われています。したがって、これらの要因は、予測期間中の市場の成長を牽引します。

レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。神経芽細胞腫薬市場における業界のリーダーはCELLECTAR BIOSCIENCES, INC. 、APEIRON Biologics AG、Pfizer Inc.、Eli Lilly and Company、AstraZeneca、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、Bristol-Myers Squibb Company、MacroGenics Inc.、Marsala Biotech Inc.、Johnson & Johnson Services, Inc.などです。

市場セグメンテーション
神経芽細胞腫薬市場は、薬の種類別(シスプラチン、エトポシド、トポテカン、ドキソルビシンなど)、メカニズムの種類別(抗生物質、微小管阻害剤、アルキル化剤など)、治療の種類別(化学療法、骨髄移植、レチノイド療法、免疫療法、手術)),診断タイプ別(画像検査、物理検査、骨髄検査など)、エンドユーザー別(病院、専門クリニック、ホームケア)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

北米の神経芽細胞腫薬の市場は、技術的に強化された薬の増加と神経芽細胞腫の発生率の増加により、この地域を支配すると予想されます。さらに、ヘルスケアセクターへの投資の増加と神経芽細胞腫の治療のための希少疾病用医薬品の承認が市場の成長を後押ししています。アジア太平洋地域は、小児癌ベースの急増につながる新興国の存在により、最も急速に成長する市場であると予想されています。ヨーロッパの市場は、がん治療のための小児医療センターの数の増加と健康に関する意識の高まりにより、大幅な成長を遂げると推定されています。

神経芽細胞腫薬市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2769

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.researchnester.com/reports/neuroblastoma-drugs-market/2769


[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール: info@researchnester.com



配信元企業:Research Nester Private Limited
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ

  • 2020年10月23日 18:00
  • 医療

■最新のニュースリリース