「3次元細胞培養:技術および世界市場」調査レポート刊行

リサーチステーション合同会社

リサーチステーション合同会社

2020年11月26日 14:00

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「3次元細胞培養:技術および世界市場」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
細胞培養の世界市場規模は2020年の103億ドルから、2025年には148億ドルへと拡大が見込まれます。当レポートでは、3次元細胞培養の市場/技術的背景、アッセイ/イメージング/分析、規制と標準化、がんの3次元モデル、毒物学および薬物安全性試験の展望、幹細胞、再生医療(臓器移植と代用皮膚)、に関する詳細な分析を掲載しています、また主要企業プロフィールなども盛り込み、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
3次元細胞培養:技術および世界市場
3D Cell Cultures: Technologies and Global Markets
http://researchstation.jp/report/BCC/1/3D_Cell_Cultures_2025_BCC183.html

【レポート構成概要】
◆イントロダクション
・調査目的
・調査対象
・調査手法

◆サマリーと調査ハイライト

◆組織および細胞培養:技術と製品の背景
・組織及び細胞培養はどこから始まったか
・歴史と初期の製品
・用語とコンセプト
・細胞
・消耗品
・装置
・アドヒアランスアプローチ
・情報技術:細胞培養研究市場向けのソフトウェアとサービス
・細胞培養用バイオプロセシング消耗品
・バイオプロセシング装置
・バイオ医薬品とワクチンの大規模製造
・体細胞、幹細胞、組織を作るための小規模な接着細胞

・細胞培養、エンドユーザー別市場
-製薬、バイオ医薬品企業
-大学
-政府
-CRO、CDMO
-その他
・細胞培養、用途別市場
-創薬
-臨床開発
-毒性学
-基礎研究
-バイオプロセシング開発
-その他

・地域市場
-南北アメリカ
-欧州
-アジア太平洋
-その他地域

※エンドユーザー別、用途別、地域別の市場予測データ掲載(-2025)

※細胞培養消耗品、細胞培養装置、ソフトウェアとサービス、バイオプロセシング消耗品、バイオプロセシング装置、バイオプロセシングにおける細胞培養のためのソフトウェアの市場予測データ掲載(-2025)

◆アッセイ/イメージング/分析
・アッセイ
・イメージング技術
・組織および細胞培養で使用される分析システム
・毒性予測

◆規制と標準化
・バイオプリント製品の米国の規制状況

◆がんの3次元モデル
・疾患のモデリング
・概要:細胞レベルでのがん
・In Vivo(動物)試験基準
・3次元要件
・がん研究に対する3次元モデルの利点
・3次元培養の促進要因としての乳がん
・3次元培養の促進要因としての黒色腫
・がん研究における3次元システム
・3次元エンジニアードスキャフォールド
・ヒトがんモデルイニシアチブ(HCMI)
・薬物の感受性と耐性
・細胞シグナル伝達
・薬物スクリーニング
・がんの代謝
・未来の地平
・患者由来細胞

◆毒物学および薬物安全性試験の展望
・肝臓
・心血管毒性
・毒物学の背景
・化粧品および薬用化粧品の有効性
・化粧品毒性試験
・発がん性と遺伝毒性
・生殖および発生毒性
・内分泌かく乱物質のスクリーニング
・トキシコキネティクスとADME
・In Vitro進展
・器官型モデル
・吸収バリアモデル
・肝臓毒性
・腎臓毒性用途
・膵臓毒性学用途
・心血管毒性

◆幹細胞
・幹細胞の歴史
・3次元幹細胞培養システム
・幹細胞生物学のショートレビュー
・用途
・幹細胞研究ブレイクスルー
・神経科学の発見と発展における幹細胞
・心血管の発見における幹細胞
・再生医療の発展における幹細胞

◆再生医療:臓器移植と代用皮膚
・再生医療
・皮膚代替市場
・再生医療における組織工学

◆3次元細胞培養の主要企業プロフィール
・3D BIOPINTING SOLUTIONS
・3D BIOTEK LLC
・4D TECHNOLOGY
・ABCAM
・AKRON BIOTECHNOLOGY LLC
・AMSBIO LLC
・AGILENT TECHNOLOGIES
・ALPCO
・APPLIKON BIOTECHNOLOGY
・BECKMAN COULTER LIFE SCIENCES
・BIOGELX LTD.
・BIOINSPIRED SOLUTIONS
・BIOTIME INC.
・BIOVISION INC.
・CELL APPLICATIONS INC.
・CELLINK
・CELLSPRING
・CORNING LIFE SCIENCES
・CYPROTEX PLC
・CYTIVA
・CYTOO SA
・EMD MILLIPORE
・EMULATE INC.
・ENVISIONTEC INC.
・EPITHELIX SARL
・EUROFINS SAS
・GREINER BIO-ONE
・HAMILTON ROBOTICS
・HUBRECHT ORGANOID TECHNOLOGY
・HUREL CORP.
・INSPHERO AG
・INVITROCUE LTD.
・KIYATEC INC.
・LIFENET HEALTH
・LOREM CYTORI
・MATTEK CORP.
・MIMETAS INC.
・MITRA BIOTECH INC.
・N3D BIOSCIENCES INC.
・NATIONAL CENTER FOR ADVANCING TRANSLATIONAL SCIENCES (NCATS)
・ORGANOVO
・PANDORUM TECHNOLOGIES
・PERKINELMER
・PLASTICELL LTD.
・PLURISTEM THERAPEUTICS, INC.
・POIETIS SAS
・PROMEGA CORP.
・QUALYST TRANSPORTER SOLUTIONS LLC (SUBSIDIARY OF BIOIVT)
・REGENHU LTD.
・REGENOVO BIOTECHNOLOGY
・株式会社SCREENホールディングス
・SEAHORSE BIOSCIENCE
・STEMCELL TECHNOLOGIES INC.
・STRATATECH CORP.
・SYNVIVO INC.
・TAP BIOSYSTEMS
・TECAN GROUP LTD.
・TEVIDO BIODEVICES
・THERMO FISHER SCIENTIFIC
・ZEN-BIO INC.

(全398頁)



【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/BCC/1/3D_Cell_Cultures_2025_BCC183.html

発行元:BCC Research(米国)について
http://researchstation.jp/Publishers/About_BCC_Research.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年11月25日

★関連レポート
「iPS細胞の世界市場:2024年予測」
http://researchstation.jp/report/BCC/1/Induced_Pluripotent_Stem_Cells_2024_BCC166.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html



配信元企業:リサーチステーション合同会社
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ