「炭素回収・貯留・利用(CCUS)技術:世界市場2025年予測」リサーチ最新版刊行

リサーチステーション合同会社

リサーチステーション合同会社

2021年03月02日 16:30

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「炭素回収・貯留・利用(CCUS)技術:世界市場2025年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
炭素回収・貯留・利用(CCUS)の世界市場規模は2025年に34億ドルに増加する見通しです。2020年段階の同市場規模は27億ドルとレポートは推計しています。
当レポートでは、炭素回収・貯留・利用(CCUS)技術の炭素市場の概要、世界CCUS市場ダイナミクス、各種セグメント別市場分析(技術別、サービス別、供給源別、用途別、国地域別)、世界市場における機会、新興技術、主要企業プロフィールなどを盛り込み、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
炭素回収・貯留・利用(CCUS)技術:世界市場2025年予測
Carbon Capture, Utilization & Storage Technologies
http://researchstation.jp/report/BCC/2/Carbon_Capture_Utilization_Storage_Technologie_2025_BCC203.html

【レポート構成概要】
◆イントロダクション
・調査目的
・調査対象
・調査手法

◆サマリーと調査ハイライト

◆炭素市場の概要
・気候政策/規制
・CO2利用vsCO2貯留
・炭素回収技術

◆世界CCUS市場ダイナミクス
・炭素回収技術の重要性
・CCUS市場におけるCOVID-19の影響
・炭素回収技術がパワートランジションに与える影響
・炭素回収が火力発電所の柔軟性に与える影響

◆技術別市場
・燃焼後回収
・燃焼前回収
・酸素燃料燃焼
・Inherent Separation
・ガス処理(sweetening)
・アンモニア生産
・エタノール発酵
※技術別に地域別の市場予測データ掲載(-2025年)
◆サービス別市場
・炭素回収
・炭素貯留
・炭素輸送
・その他
※サービス別に地域別の市場予測データ掲載(-2025年)

◆供給源別市場
・工業プロセス
・発電
・その他
※供給源別に地域別の市場予測データ掲載(-2025年)

◆用途別市場
・発電
・農業
・エネルギー
・原油増進回収(EOR)
・化学薬品およびポリマー原料
・その他
※用途別に地域別の市場予測データ掲載(-2025年)

◆世界市場における機会
・発電
・工業プロセス
・石油化学ビルディングブロック

◆国地域別市場
北米
・米国、カナダ、
欧州
・フランス、ドイツ、イタリア
・オランダ、ノルウェー、英国
アジア太平洋
・日本、中国、韓国、オーストラリア
中南米および中東アフリカ(LAMEA)
・ブラジル、アラブ首長国連邦
・サウジアラビア、南アフリカ
※地域別に全セグメントの市場予測データ掲載(-2025年)
※地域別に主要国別の細分化データ掲載

◆新興技術
・概要
・世界市場の現状

◆主要企業プロフィール
ACCELERGY CORP.
ALCOA OF AUSTRALIA LTD.
BASF SE
BAYER MATERIALSCIENCE AG
BIOPROCESS ALGAE LLC
CAMBRIDGE CARBON CAPTURE (CCC)
CARBON CYCLE LTD.
CARBON RECYCLING INTERNATIONAL
CARBON8 SYSTEMS
CARBONCURE TECHNOLOGIES INC.
CARDIA BIOPLASTICS LTD.
CHANGCHUN INSTITUTE OF APPLIED CHEMISTRY (CIAC)
DIOXIDE MATERIALS INC.
DNV RESEARCH AND INNOVATION (DNV GL GROUP AS)
E3TEC SERVICE LLC
EASEL BIOTECHNOLOGIES LLC
ECONIC TECHNOLOGIES LTD.
EMPOWER MATERIALS INC.
ENN GROUP CO., LTD.
GAS TECHNOLOGY INSTITUTE
HENAN TIANGUAN ENTERPRISE GROUP CO., LTD.
JIANGSU ZHONGKE JINLONG-CAS CHEMICAL CO., LTD.
JOULE UNLIMITED INC.
LANZATECH INC.
LIQUID LIGHT INC.
MBD ENERGY LTD.
三井化学株式会社
NORNER AS
NOVOMER INC.
OAKBIO INC.
PIONEER ENERGY INC.
POND BIOFUELS INC.
QUANTIAM TECHNOLOGIES INC.
SIEMENS AG
SK ENERGY CO., LTD.
SKYONIC CORP.
SOLIDIA TECHNOLOGIES INC.
TWENCE B.V.
(全289頁)





【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/BCC/2/Carbon_Capture_Utilization_Storage_Technologie_2025_BCC203.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2021年2月3日

★関連レポート
「炭素回収・貯留・利用(CCS)の世界市場:サービス別、エンドユーズ産業別2025年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/21/Carbon_Capture_Utilization_and_Storage_2025_MAM2199.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html



配信元企業:リサーチステーション合同会社
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ